青柳美扇の高校はどこ?小学校や中学校と大学は梅花女子!

青柳美扇の高校はどこ?小学校や中学校と大学は梅花女子! 芸能人・有名人
★★楽天マラソン開催! ショップ買いまわりでポイント10倍★★
▲6月27日1時59分まで▲
▷▶︎会場はコチラから◁◀︎
スポンサーリンク

青柳美扇の高校はどこなんでしょうか?

青柳美扇の 小学校や中学校と大学は梅花女子という噂なので、高校についても同じなのかどうか調査してみたいと思います。

そして、書道パフォーマンスで有名な青柳美扇の高校も書道パフォーマンス甲子園の常連なんでしょうか?

出身大学の梅花女子といえばとても華やかな女子校ですが、青柳美扇のあの華やかな書道や容姿は梅花女子でも憧れの的だったんではないかと思いますね。

青柳美扇はいつから、どんな契機で書道を始めたのでしょうか?

また、書道だけで終わらず、どうやって見せ方への変革もしていったのか気になるところです。

青柳美扇の年収もすごい噂なので、育った環境からまとめてみました。

スポンサーリンク

青柳美扇の高校はどこ?

青柳美扇の高校はどこなのか調査してみました。

もしかしたら書道パフォーマンス甲子園などで名を馳せている高校かもしれませんよね。

まず、書道パフォーマンス甲子園を調べてみると、今では言わずと知れた全国高校大会ですが、意外と最近できた大会のようでした。

確かに、昔からある書道とは別物で、音楽に乗せて大きな紙にみんなで文字を書いていく様は新しい風を感じます。

全国大会となったのは2008年からで、それ以前は愛媛の三島高校が独自でスーパーなどのイベントで書道のデモンストレーションをしていたのが発端のようでした。

書道の伝統美に付け加えて、凄みや迫力が足されたデモンストレーションは瞬く間に人気になったようです。

青柳美扇の高校の卒業年度が2008年だったので大会自体はまだ無かったようです。

しかし、書道家として大会には関わることが多くあるようですね。

青柳美扇は書道パフォーマンス甲子園に出場して優勝したいという中学生の支援、指導をしていたことがありました。

また、高校生に書道の新しい魅せ方や書法を教えるために青柳美扇は高校の教員免許もとったらしいです。

学生の夢を叶えるために力を貸してくれるなんて素敵な活動ですよね。

そして、青柳美扇の高校の情報は残念ながら出てきませんでした

出身地が大阪府茨木市という情報は得られたので、その付近かもしれません。

大阪でも書道部で有名なのは上宮高等学校や好文学園女子高等学校というところがあるので、こちらも考えられますよね。

もう一つは、青柳美扇の大学は茨木市にある梅花女子大学という情報はあって、こちらには中学校と高等部もあるのでもしかしたら青柳美扇の高校は梅花高等学校という可能性もありそうです。

スポンサーリンク

青柳美扇は小学校の頃に書道を始めた?

青柳美扇は小学校の頃に書道を始めたという噂があります。

調べて行くとどうやらもっと前から書道に嗜んでいたようでした。

青柳美扇には書道の先生である祖母がいて、筆や紙が身近にあったらしく、2歳、3歳くらいから筆と紙を使って遊んだりしていたそうです。

低年齢の時はきっと筆や紙で絵を描いていたのでしょうか?

落ちにくい墨で絵を描くことを許してくれた青柳美扇の祖母は寛容で、その寛容さが素晴らしい書道家を生み出したと思うエピソードですよね。

とても綺麗な墨絵や、アート作品を世に送り出している青柳美扇。

すでに物心つく前から墨絵が当たり前にある生活をしていたので、書道は文字だけでなくアートもやるのは当たり前だったのかもしれませんね。

また、青柳美扇の祖母の家はお寺であるらしく、早いうちから写経の真似事もやっていたそうです。

文字を筆で書くことが普通の人たちより早く、そしてそれがおなじみの遊びだったのかもしれないですね。

文字は書けば書くほど上手くなるとも言われます。

その体言のように、幼い時からそのような生活を送っていた青柳美扇は休憩がてら今でも写経をやるということなので、すでにライフワークになっているようです。

スポンサーリンク

青柳美扇の中学校は大阪府内?

青柳美扇の中学校は大阪府内ではないかと気になっている人も多いと思います。

調べてみたところ、出身中学校の情報はありませんでした。

しかし先ほども出たとおり、大阪府茨木市出身なので、大阪府である可能性は大です

大学が梅花女子大学だったので附属の梅花中学校の可能性もありますよね。

青柳美扇の祖母がお寺をやっていたという情報は先ほども出て来ましたが、これはかなりお金持ちであることも予想されます。

梅花中学は大阪府でもいわゆるお嬢様学校の一つであるので、梅花中学の可能性はやはり大きそうですね。

確かに青柳美扇はお嬢様という感じがぴったりで、着物もよく似合ってます。

小中高とずっと書道への情熱を燃やし続けて来た青柳美扇はすでに書道の大会で賞も受賞されていたそうです。

中学校を卒業して割とすぐ、青柳美扇が高校の時には書道の師範になっていたというから驚きですよね。

きっと書道の上手さで有名な中学生だったことでしょう。

スポンサーリンク

青柳美扇の大学は梅花女子!

青柳美扇の大学は梅花女子という噂もしらべてみました。

どうやら梅花女子大学の文化表現学部、日本文化学科の書道コースに進学しているようです。

祖母のお寺で書道だけでなく、華道や茶道などの日本文化に多く触れていた青柳美扇に合う進学ですよね。

大学に入ったばかりの時は書道の師範もすでにとっていて、そのおごりを大学の先生から指摘され、とても真面目に書道に向き合っていたそうです。

そんな中、梅花女子大学の書道部に入った青柳美扇。

しかしそこは部員も少なく廃部しそうで、青柳美扇が部長となり、書道パフォーマンスで部を立て直すことを始めたと言います。

廃部になりかけていた書道部を立て直そうと、とにかく地味な書のイメージを払拭して、書ってカッコいいんだよ、素晴らしい文化なんだよと伝えたかった。

株式会社倉持緑プロジェクトvol.05

そしてそれは成功し、イベントに引く手あまたとなっていつしかメディアでも露出するようになったようです。

この時からメディアへ取り上げられている青柳美扇なので、きっと大学でも目立つ存在だったことでしょう。

これが青柳美扇の書道の魅せ方の転機だったのかもしれません。

大学卒業後も青柳美扇は高校や大学の書道パフォーマンスの指導にも回っていたようです。

きっとリーダーとしての手腕も大学生時代からあるのでしょうね。

勉学の方も見聞を大いに広げていた大学時代で、4年間書道や書き方について勉学したのちに、大学院にも進んで中国書法について学んだそうです。

中国書法では篆刻といって木や石に印を彫る技術を勉強したり、空海に衝撃を受け、その研究のための論文を書いたりしたそうです。

大学院を出てもなお、中国書法の勉強で中国や台湾に勉強しに行っているそうで、青柳美扇はとても勉強家な印象ですよね。

まとめ

青柳美扇の高校や小学校中学校の情報は出て来ませんでしたが、青柳美扇の書への英才教育ぶりがわかりました。

とても小さな頃から書道を始め、それは止めることなくやり続ける大事さにも感銘を受けました

それは決して学校教育では得られないものも多く、環境だったり自身の興味のおかげだったのだと思います。

華やかさの裏には粘り強く頑張る青柳美扇の姿があることを知りました。

これからも書道の伝統と魅せ方への革新を融合させて、国内外で書道の素晴らしさを広めていってほしいと願っています。


タイトルとURLをコピーしました