be first(ビーファースト)の顔面偏差値は微妙でイケメンいない?

be first(ビーファースト)の顔面偏差値は微妙でイケメンいない? BE FIRSTビーファースト
★★楽天マラソン開催! ショップ買いまわりでポイント10倍★★
▲6月27日1時59分まで▲
▷▶︎会場はコチラから◁◀︎
スポンサーリンク

2022年5月にセカンドシングルを発売予定のbe first(ビーファースト)の顔面偏差値が微妙でイケメンはいないという評価もあるようですが、実際はどうなのでしょうか。

今回はTwitterの口コミなどを中心にbe first(ビーファースト)の顔面偏差値についての真相を調べていきたいです。

be first(ビーファースト)のビジュアル担当は誰なのかも気になります。

ビジュアルからみる、be first(ビーファースト)の魅力をみつけていきたいと思います。

スポンサーリンク

be first(ビーファースト)の顔面偏差値は微妙?

be first(ビーファースト)の顔面偏差値は微妙という口コミがあるようですが、顔面偏差値とはどういったものなのでしょうか。

顔面偏差値とは、人間の顔の良さを判断する基準で、50を中心に高ければ高いほどイケメンということになります。

逆を言えば、顔面偏差値が低い場合はイケメンとはいい難いようです。

be first(ビーファースト)の顔面偏差値は微妙ということは、あまりイケメンが多くないということなのでしょうか。

そもそも、人の好みはそれぞれ違うので、同じ人を見ても評価が一緒であることは少ないといえます。

ぱっちりとした二重が好みで、目鼻立ちがはっきりした人をイケメンだと感じる人もいれば、切れ長の目で顔の凹凸がはっきりしない人をイケメンと感じる人もいるでしょう。

顔の評価は非常に難しいですが、理想となる黄金比というものは存在するので、黄金比に近ければイケメンといってもいいと思われます。

この黄金比も、好みによって共感できる場合とそうでない場合があることでしょう。

それをふまえたうえで、改めてbe first(ビーファースト)の顔面偏差値についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

be first(ビーファースト)にイケメンいない?

be first(ビーファースト)の顔面偏差値が微妙ということはイケメンがいないということでしょうか。

ファンの方からは、be first(ビーファースト)の顔面偏差値が高すぎて興奮しているTwitterが目立ちました。

衣装を抜いたとしても評価が高いようですね。

be first(ビーファースト)の顔面偏差値が微妙という噂はファンの中ではありえないようです。

be first(ビーファースト)はオーディションで音楽性に優れている人がメンバーに選ばれているので、イケメンがいないのではという指摘があったのかもしれませんが、そんなことはありません。

人気雑誌、JJの調べによると、be first(ビーファースト)は3位にランクイン!

be first(ビーファースト)がイケメンというツイートが数多くされていました。

7人もいれば、誰かしらは微妙といわれる場合も出てくるかと思いますが、多くの人がメンバー全員がイケメンだと思っているようです。

1人1人の個性はあれど、それぞれがイケメンと感じるほど整った容姿を持っています。

今話題のイケメンアーティスト集団と言っても過言ではありません。

スポンサーリンク

be first(ビーファースト)のビジュアル担当といえば?

be first(ビーファースト)のビジュアル担当といえば誰なのでしょうか。

一般的に、ビジュアル担当というのは、スタイルや顔の他に秀でる部分がないというメンバーに使われることもある用語です。

be first(ビーファースト)の場合は能力は関係なく純粋にイケメンである人に使われているように感じました。

リュウヘイさんがビジュアル担当ではというつぶやきを発見しました。

180㎝という高身長で、かわいらしい容姿のリュウヘイさんです。

ほかに名前があがっていたのは、マナトさんです。

マナトさんがビジュアル担当であるという声が多くあがっていました。

マナトさんは歌だけでなく、お笑いのスキルも高く、存在感のあるメンバーです。

歌唱力もダンスも抜群のメンバーの1人です。

私はジュノンさんがビジュアル担当ではないかと思いました。

ジュノンさんは、身長が180㎝とメンバーの中で最も高く、単独でモデルとしてデビューするほどのスタイルを持っています。

他のメンバーも身長が170㎝を超えており、全員が揃うと圧巻です。

前提として、歌もダンスも上手いメンバーがオーディションで選ばれているので、他の能力で批判される部分がありません。

その上で、顔の良さやスタイル、個性が比較されるので推しのメンバーがビジュアル担当になるようです。

be first(ビーファースト)の顔面偏差値が高いがために、メンバー全員がビジュアル担当という声も見受けられました。

確かに、全員整っている容姿とスタイルをもっているので、全員がビジュアル担当と言われてもおかしくはないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

be first(ビーファースト)の顔面偏差値が微妙でイケメンはいないという噂について調べてみました。

みていくと、be first(ビーファースト)のメンバーは全員がビジュアル担当と言われるほどひとりひとりがイケメンで、魅力あるグループということがわかります。

顔に関しては人それぞれ好みがあるので、全ての人からイケメンと認定されることは難しいと思いますが、多くの人がメンバー全員をイケメンと認識しており、be first(ビーファースト)は顔面偏差値が高いイケメン集団です。


タイトルとURLをコピーしました