チャーリーとチョコレート工場の子供の末路と順番!最後に残るのは?

チャーリーとチョコレート工場の子供の末路と順番!最後に残るのは? 豆知識
スポンサーリンク

皆さんは、”チャーリーとチョコレート工場”という映画をご存知でしょうか?

運良く当たりチケットを引いた5人の子供たちが謎めいたチョコレート工場に招待され、様々な仕掛けにどんどん脱落していき・・・といった話です。

しかし、意外とチャーリーとチョコレート工場の子供の末路について知らない方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、チャーリーとチョコレート工場の子供の末路脱落する順番について解説していきます!

また主人公と4人の個性的な子供たちのうち最後に残るのは誰なのか特別賞は誰の手に渡ったのかについてもまとめてみました!

スポンサーリンク

チャーリーとチョコレート工場の子供の末路!

それではさっそく、チャーリーとチョコレート工場の子供の末路について迫っていきましょう!

・・・といきたいところですが、まずはチョコレート工場に招待された主人公と4人の個性的な子供たちを紹介します。

今回は、チョコレート工場のチケットを引いた順番に紹介しますね。

  1. 毎日チョコレートを食べている太った少年オーガスタス
  2. ナッツ工場の社長令嬢で欲しいものは全て手に入れないと気がすまない少女ベルーカ
  3. 野心家でギネスブックに載るため毎日ガムを噛んでいる少女バイオレット
  4. ゲーム好きの少年マイク
  5. 毎年誕生日に貰える1枚のチョコレートが楽しみの貧乏な少年チャーリー

以上が、チョコレート工場に招待された子供たち5人です。

主人公のチャーリーは普通の少年ですが、他4人はとても個性的ですよね。

そしてこのチャーリーとチョコレート工場の子供たちの末路は・・・

  • オーガスタス→チョコレートの川に落ち、パイプに吸い上げられる
  • ベルーカ→リスに襲われた際に頭の中身がカラっぽだと選別され、ダストシュートに落とされる
  • バイオレット→デザート味の所で体が紫色になり始め、体がどんどん膨らみジュース室行きになる
  • マイク→テレビ室の転送機に自分が入り込み、体が小さくなる
  • チャーリー→工場を継ぐように言われるが、家族を優先する

これが、チャーリーとチョコレート工場の子供たちの末路です。

子供たち皆、個性的な性格ですが、末路まで個性的ですよね。

チャーリーとチョコレート工場の子供の末路は、それぞれの個性に合った脱落の仕方をしていると思います。

では、続いて子供たちはどの順番で脱落してしまうのかについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

チャーリーとチョコレート工場の子供が脱落する順番

チャーリーとチョコレート工場の子供たちの末路については、招待状のチケットを当てた順に紹介しました。

しかし、脱落していくのはまた違う順番です。

どのような脱落順かというと・・・

  1. オーガスタス
  2. バイオレット
  3. ベルーカ
  4. マイク
  5. チャーリー

この順番です。

子供たちが招待されたチョコレート工場には様々な仕掛けがあって、チャーリーとチョコレート工場の子供の末路は紹介した通りになるんですね。

スポンサーリンク

チャーリーとチョコレート工場の子供で最後に残るのは?

結局、誰が最後まで残ったの?

これが一番知りたいですよね。

ここまでの流れで分かった方もいると思いますが、最後まで残ったのは主人公のチャーリーです!

さきほどのチャーリーとチョコレート工場の子供の末路についての所にも書きましたが、チャーリーは最後、チョコレート工場を継がないかと経営者のウィリーに話を持ちかけられるんですね。

でもチャーリーは心の優しい子で、貧しい家族を放っておけないと、誘いを断ります

しかし、チャーリーとチョコレート工場はここで終わりではなく、最後にチョコレート工場に招待された子供たちが登場するんですね。

チャーリーとチョコレート工場の子供たちの最後は・・・

  • オーガスタス→全身チョコまみれになって出てくるが、体についたチョコを舐めており懲りていない
  • バイオレット→全身紫色になり、体が驚異的に柔らかくなるが気にしていない
  • ベルーカ→全身ゴミだらけで出てくる・性格は相変わらずでガラスのエレベーターを欲しがっている
  • マイク→飴を伸ばす機械で体を伸ばされペラペラになって工場から出てくる
  • チャーリー→ウィリーと家族同然の付き合いになり、共同で工場を経営するようになる

このような最後をそれぞれ迎えます。

結局チャーリーは工場を継がないと断ったものの、ウィリーのことも気にかけていて一緒に経営することになるんですね。

工場に入る前後で性格や生活が全く変わらない子もいれば、変わった子もいるんですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はチャーリーとチョコレート工場の子供の末路脱落する順番、最後にどんな展開を迎えるのかについて探ってみました!

チャーリーとチョコレート工場の子供たちについてまとめると・・・

脱落する順番名前末路最後
1オーガスタスチョコレートの川に落ち、パイプに吸い上げられる全身チョコまみれになって出てくるが、体についたチョコを舐めており懲りていない
2バイオレットリスに襲われた際に頭の中身がカラっぽだと選別され、ダストシュートに落とされる全身紫色になり、体が驚異的に柔らかくなるが気にしていない
3ベルーカデザート味の所で体が紫色になり始め、体がどんどん膨らみジュース室行きになる全身ゴミだらけで出てくる・性格は相変わらずでガラスのエレベーターを欲しがっている
4 マイクテレビ室の転送機に自分が入り込み、体が小さくなる飴を伸ばす機械で体を伸ばされペラペラになって工場から出てくる
5チャーリー工場を継ぐように言われるが、家族を優先するウィリーと家族同然の付き合いになり、共同で工場を経営するようになる

そして、最後まで残ったのはやはり主人公のチャーリーでしたね。

主人公も、他4人もそれぞれ個性があって面白い展開でした!

皆さんもぜひ、チャーリーとチョコレート工場を見てみて下さい!


タイトルとURLをコピーしました