電力需給逼迫警報?東京で節電は何時ごろ?

電力需給逼迫警報?東京で節電は何時ごろ? 豆知識
スポンサーリンク

2022年3月21日、22日の電力量が足りなくなるということで、電力需給逼迫警報が出されたようです。

東京をはじめとした関東では何時ころに節電をすべきなのでしょうか?

今回は、電力需給逼迫警報についてと、3月22日には何時くらいに節電に気を使うべきなのかまとめてみました。

スポンサーリンク

電力需給逼迫警報とは?

2022年3月21日に突如、電力需給逼迫警報が出されたようです。

Twitterでのトレンドにもあがり、世間の注目も浴びているよう。

TBSニュースによると、

東京電力は明日(22日)の電力需給について「非常に厳しい状況」だとして節電への協力を呼びかけ、経産省が「需給ひっ迫警報」を発令しました。

東京電力では今月16日に発生した福島県沖を震源とする地震の影響で火力発電所の一部で運転停止が続いています。

TBSニュース

とのことです。

経済産業省が発令した、電力需要が非常に厳しい状況になるとの見通しですね。

電車が止まったり、ライフラインにも影響があるので、自分の住んでいる地域で何時ころに電力が足りなくなるのか知りたいですよね。

スポンサーリンク

東京では節電は何時ごろ?

では、発表された電力需給逼迫警報の結果、東京では何時くらいに節電の必要があるのでしょうか?

こちらもTBSニュースによると、

加えて、明日(22日)は関東地方の気温が下がることから暖房需要が増える可能性があり、ピークとなる午後4時から5時にかけては「97%」の使用率が予測されていて、電力需給のひっ迫度合としては最も深刻な「非常に厳しい」状況です。

TBSニュース

とのことで、3月22日の午後4時から5時にかけて、最も電力が使用されることが予想されるので、この時間に節電を心掛けるのがよさそうですね。

3月22日は、平年の3月の気温よりもぐっと下がることが予想されることから、エアコンをはじめとした暖房をみなさんが使うであろうことから、このような懸念がされています。

エアコンも温度を上げすぎず、20度程度での節電にのぞみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

電力需給逼迫警報についてと、3月22日には何時くらいに節電に気を使うべきなのかをまとめてみました。

  • 電力需給逼迫警報は2022年3月21日に経済産業省より発令された
  • 東北での地震の影響と、22日に気温が下がるために電力需要が高まるために電力不足が予想された
  • 3月22日は午後4時~5時にかけて最も電力が使われる予想がされている
  • 暖房も20度前後の節電を心掛けるよう呼びかけられている

ライフラインの電源が止まってしまうことが一番の懸念されるところでもありますので、該当の時間にかけてはしっかりと節電を心掛けるようにしましょう!


タイトルとURLをコピーしました