名探偵コナン緋色の弾丸の犯人は誰?ネタバレあり

名探偵コナン緋色の弾丸の犯人は誰?ネタバレあり 豆知識

2021年4月16日に公開された名探偵コナン緋色の弾丸の犯人、もう観た方ならご存知ですよね。

今回は、名探偵コナン緋色の弾丸を映画館まで行ったりはしないけど、犯人を知りたい人向けに、ネタバレをしていきます。

名探偵コナン緋色の弾丸の犯人をまだ知りたくない人、これから観る人はそっとこの記事を閉じてください。

名探偵コナン緋色の弾丸の犯人が知りたい方、ここから先読み進めてくださいね。

それでは名探偵コナン緋色の弾丸の犯人のネタバレいきます。

スポンサーリンク

名探偵コナン緋色の弾丸の犯人は誰?

名探偵コナン緋色の弾丸の犯人は誰なのでしょうか?

準備はいいですが?

名探偵コナン緋色の弾丸の犯人はずばり

  • 白鳩舞子
  • 井上治

の2人でした。

映画を見ていない人には、この2人が誰なのか説明していきますね。

スポンサーリンク

名探偵コナン緋色の弾丸の犯人①白鳩舞子

名探偵コナン緋色の弾丸の犯人一人目は白鳩舞子でした。

白鳩舞子は15年前にアメリカで起きた、WSG(ワールドスポーツゲームス)の関係者の襲撃事件の犯人である、イシハラマコトの娘です。

白鳩舞子(シラハトマイコ)は、司法取引によって変えた名前なのですが、父であるイシハラマコトの名前が捨てきれずに、名乗るようになった名前ですが、この名前のカラクリがコナンに見抜かれ、犯人だと気づかれてしまいました。

15年前の事件が冤罪であると思い込み、ターゲットとなる元FBIのアラン・マッケンジー氏を恨んでいた白鳩舞子は、東京でWSGが開かれることが決まり、またアラン氏がWSGに関わって日本に来ることがわかってから、復讐を思いつきます。

事件を起こす直前までは、日本WSG広報として、コナンや少年探偵団、蘭たちと関わっており、アラン氏を拉致しリニアに閉じ込めて殺すつもりでしたが、コナンと世良真純に阻止されました。

スポンサーリンク

名探偵コナン緋色の弾丸の犯人②井上治

名探偵コナン緋色の弾丸の犯人二人目は井上治でした。

最初は白鳩舞子の単独犯だとも思われましたが、リニアの運転技術が一人では到底難しい点をカバーしていたため、リニアの研究をしていた井上治が怪しいと、コナンたちに気づかれてしまいました。

井上治についても白鳩舞子と同じく、15年前のアメリカでの事件がきっかけで、アラン氏に恨みを持っていました。

井上治の場合は、15年前のアメリカでの事件で拉致された製菓会社の社長が父でした。

その父がWSGのスポンサーからおりて全米から非難を受けたことや、別の事件での目撃情報をFBIに伝えたものの、握り潰されたと勘違いしたことが、事件を起こすきっかけとなりました。

緋色の弾丸の見どころの一つに、赤井秀一の弟である羽田秀吉の頭脳で井上治を追い込むシーンがあります。

神奈川から東京間の幹線道路をすべて記憶した羽田秀吉が、将棋のように赤井秀一やFBI捜査官が乗る車を駒のように配置し、井上治に王手をかけていきます。

「なんなんだこいつらは!」と最後は井上治は自滅してしまいますが、天才的な羽田秀吉の一手一手に痺れた方も多かったでしょう。

私は緋色の弾丸のシーンでは、この羽田秀吉の見せ場が一番面白いと思いました。

スポンサーリンク

まとめ

ネタバレにはなりますが、名探偵コナン緋色の弾丸の犯人は白鳩舞子と井上治でした。

二人とも15年前にアメリカで起きた事件の関係者の家族ですが、この事件がきっかけで、元FBIのアラン氏に恨みを抱き、今回の事件を実行するに至りました。

結局犯人たちの目論見はコナンたちに見抜かれて失敗に終わるのですが、全員の命が助かるエンディングとなり、とても素晴らしい終わり方だったと思います。

緋色の弾丸の最後の最後にもっと別のネタバレがありますが、それは映画を観てのお楽しみですね。

ますます来年が待ち遠しくなりました。


タイトルとURLをコピーしました