本間敬大の中学や小学校はどこ?高校は私立の進学校で有名人の卒業生も多数!

本間敬大の中学校や小学校はどこ?高校は私立の進学校で有名人の卒業生も多数! 駅伝
スポンサーリンク

東海大学陸上競技部、本間敬大さんの中学校や小学校はいったいどこなのでしょうか?

そして、最近注目を集めている本間敬大さんの高校は、あの陸上で有名な進学校佐久長聖高校と言われています!

本間敬大さんは中学や小学校、高校時代はどのような環境で育ち、自分の陸上の実力を伸ばしてきたのでしょうか?

小学校から高校までの情報をお伝えし、現在の彼の活躍の原点は何なのかについても調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

本間敬大の中学校や小学校はどこ?

本間敬大さんの中学は、豊中市立第十一中学校と言われています。

この情報はあるのですが、残念ながら小学校がどこなのか確かな情報はありませんでした。

ですが、この中学校の学区的に考えられるのは、豊中市立上野小学校、豊中市立東豊中小学校、豊中市立桜井谷東小学校なのでこのどこかの小学校に通っていたのではないかと思われます。

陸上成績は、本間敬大さんの中学時代から残っているので、おそらく陸上を本格的に始めたのは本間敬大さんが中学の頃からだと思われます。

ですが、豊中市は立地的に高級な土地なので、彼の家も経済力があり両親は教育熱心であったと予想できます。

陸上ではないかもしれませんが、小学校でも何かしらの習い事はやっていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

本間敬大の中学校は豊中十一

本間敬大さんの中学校は、先ほども言いましたが豊中市立第十一中学校です。

大阪府の豊中市内にある公立中学校です。

公立中学校ではありますが、私立にに負けないくらい特徴のある中学校のようです。

「生徒憲章」という精神を大事にしており、生徒が自分で考えて行動することを尊重している環境のようです。

校則が廃止されているようですが、自由過ぎるわけでは決していなくどのような生徒に成長して欲しいかという方針はとてもしっかりしています。

現在キャプテンを務める本間敬大さんは中学時代の環境から自分で考え行動するといった自主性の基礎になることを学んだのではないでしょうか。

そして、陸上部も強豪校として有名なので陸上の楽しさや陸上の技術的な基礎もこの中学時代を通して築いていったと思います。

スポンサーリンク

本間敬大の小学校も大阪府内?

本間敬大さんの中学は大阪府豊中市にある豊中市立十一中学校なので、大坂府内の小学校なのでしょうね。

大阪府内でも様々な環境がありますが、特に豊中市は開発も進んでいて交通も便利で、高級住宅地だけでなく緑もあり子育てしやすいととても人気の町だそうです。

住みやすい魅力的な街で本間敬大さんは中学、さらに小学校時代も育ったと思います。

学校生活だけでなく、さらに多くの人が住みやすいと評価する場所で生活できるのは羨ましいですよね。

スポンサーリンク

本間敬大の高校は私立の進学校で有名人の卒業生も多数

本間敬大さんの高校は、佐久長聖高校です。

長野県にあり陸上の強豪校としてとても有名です!

偏差値は59~66と高く、運動だけでなく進学校として勉強にも力をいれている私立高校です。

卒業後成績を残し注目され有名人となっている人も多いです。

例えば、元長距離選手で日本記録を持つ大迫傑選手や、元スピードスケート金メダリスト菊池彩花選手、お笑い芸人の島田秀平さんもです。

卒業後活躍している人はやはり多く、特に陸上競技で活躍している人が多いです。

本間敬大さんの高校は、生徒の半数近くが寮生活を送っているそうで、彼もその1人です。

有名私立高校で勉強も部活動へのサポート体制も整っていて人気の高い高校なので全国から様々な生徒が集まってくると思います。

そして、グローバルな人材育成も教育カリキュラムに入っているそうで、世界にも通用する生徒を育てているようです。

様々な環境で育った人が集まり、お互いに刺激をし合って、さらに充実した教育の中でさらに成長できる環境だったと思います。

本間敬大さんも、この高校生活で様々な価値観を得て陸上だけでなく多くの学びがあった3年間だったと思います。

本間敬大さんは中学時代はあまり成績が残せていませんでしたが、高校では区間賞を取りチームの優勝に貢献するまでになっています。

そして、卒業後の現在は東海大学で長距離部門のキャプテンにまで選ばれ注目されており活躍もしています!

もしかすると、彼も卒業後の有名人になるかもしれませんよね。

まとめ

本間敬大さんの中学校や小学校、さらに高校について調べました!

小学校の情報はあまりなかったものの、中学校や高校についての情報はありました。

彼は住みやすい街で育ち、中学も高校も勉強と部活動が充実していた環境で育っていたことがわかりました。

現在、彼は東海大学の陸上競技部長距離部門のキャプテンを任され、また箱根駅伝に挑もうとしています!

中学時代から始めた長距離で成績を残し、長く活躍している彼の原点はなんだったのかが過去の彼の環境を知ることで理解できたのではないでしょうか。

彼の活躍はまだまだ続くと思いますし、本当に世界的な有名人になるかもしれませんね。

ですが、まずは本間敬大さんが、新キャプテンとして箱根駅伝でどのようにチームをまとめ上げ、成績を残すのかがとても楽しみです!


タイトルとURLをコピーしました