育休手当引き上げはいつから?いくらに上がるか具体的には?

育休手当引き上げはいつから?いくらに上がるか具体的には? 豆知識

記憶に新しいですが、2020年8月25日に厚生労働省が、育休手当を引き上げることなどを含めた新制度を創設する検討を始めた、とニュースになっていました。

簡単な言葉でいうと、より男性社員が育児に参加できるよう、収入確保の意味も込めた育休手当の金額を実質100%にしたり、煩雑な申請の手続きをより簡単にしたりする制度を作ることを考えているということです。

育休手当の引き上げがいつからかにもよって、今育休中の方や妊娠中の方が恩恵を受けられるのかどうかも気になるところですよね。

そんな育休手当の引き上げがいつからなのか、どのくらい上がるのか、など具体的なところを調べてみました。

スポンサーリンク

育休手当引き上げはいつから?

育休手当引き上げはいつから?

調べてみたところ、2021年3月現在、育休手当引き上げがいつからなのかは、決定していません

2021年1月18日から、6月下旬までの間の150日間で開かれる、通常国会の中で関連法改正案が提出される可能性がありましたが、衆議院の議案の一覧を見たところ、それらしき議案はありませんでした。

私の見逃しの可能性もありますが、今回の通常国会での議案で上がっていないとしたら、来年以降になる可能性も否定できません。

少し待ち遠しい話ではありますが、私たちができることは近々国会で取り上げられるのを待つこと、になります。

スポンサーリンク

育休手当引き上げはどのくらい?

育休手当引き上げはどのくらい?

先ほど書いたように、育休手当引き上げがいつからかなど、まだ国会でも話し合われる予定がないため、具体的にいくら上がるのか、についても同様に、まだわからないのが現状となります。

しかし、巷で言われているのは、育休手当も引き上げして、現在の手取りの約8割くらいの金額の給付ではなく、10割すなわち手取りと同額の給付を検討しているようです。

育休手当が手取りと同額程度になれば、男性も育休を取っても給料と同じ金額もらえるし、休みやすくなるのでは、という考えがあるからこのような引き上げになりそう、とのことです。

ただでさえ手取り平均が少ない女性にとっても、少しでも育休中に多く育休手当がもらえるのであれば、嬉しいことですよね。

スポンサーリンク

まとめ

育休手当引き上げがいつからなのかは、正式にはまだ決まっていませんが、ニュースでも話題になったように、昨年から新制度の検討を始めているので、近い将来、育休手当が引き上がる可能性は高いです。

男性が積極的に育休を取ったり、育児に関われるようになる効果も見込めますが、女性にとっても育休手当が引き上がるのは、本当に嬉しいことですよね。

育休中は手取りが少なくなるので、食費を切り詰めたり、思い悩むママさんたちも少なくないと聞きますが、今回の育休手当引き上げのニュースを聞き、明るい兆しも見えてきたと思います。

この新制度が早く施行されるといいですね。

2021年3月時点ではまだ育休手当引き上げがいつからかなど具体的なことは決まっていませんが、決まり次第、こちらでもまとめてお知らせいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました