犬飼貴丈の幼少期はどんな感じ?エピソードや家族は?

犬飼貴丈の幼少期はどんな感じ?エピソードや家族は? 芸能人・有名人

人気急上昇中のイケメン俳優犬飼貴丈の幼少期はどんな子だったのでしょうか?

人気俳優の登竜門と呼ばれる「仮面ライダー」にもでた犬飼貴丈は幼少期からヒーローのように格好良かったのでしょうか?

また小さい頃から俳優になってテレビに出たいと思っていたのでしょうか?

犬飼貴丈の幼少期のエピソードや家族のことも調べつつ、検証していきましょう。

スポンサーリンク

犬飼貴丈は幼少期からイケメンだったのか?

ネットでは犬飼貴丈の幼少期の写真がたくさん出回っています。早速見てみましょう。  

とても可愛いですね、女の子みたいです。

犬飼貴丈は幼少期から端正な顔立ちだったのは間違いないようですね。

整形などではなく、天然の産物ということがわかります。

犬飼貴丈は某番組で「小学校の頃は髪が長くて、声変わりもしてなかったので女の子に間違われて、男子が僕のことを好きになったりっていうのがあったみたいで」と語っています。

犬飼貴丈の幼少期がよほど美男子だったことがこのエピソードからもわかりますね。

スポンサーリンク

犬飼貴丈は幼少期をどう過ごしたのか

犬飼貴丈のYou Tube「THE犬飼」の〈人生〉を参考に犬飼貴丈の幼少期について追求していきたいと思います。

犬飼貴丈1994年6月13日この世に産まれる。

産まれた瞬間、母親の脳内に直接「何をしてるッッ、早く飲ませろッッ」と語りかけ授乳を強要したと犬飼貴丈自身が述べています、よっぽどお腹が空いていたんですね。

5歳になり好きな女の子ができたそうですが、その子の事を毎日釘付けのように見ていたら、ある日いつものように見ていたらあまり見てはいけないところを目撃してしまい、5歳ながらドン引きし、この世に絶望してしまったということがあったそうです。

女の子は常に可愛いものという考えをもっていた幼児には辛かったのでしょう。

世の女の子の皆さん、どこで男の子が見ているかわからないので、気をつけた方が良さそうですね。

8歳で野球に出会い、クラブチームにも所属、初めてレギュラーになった時の喜びは未だに覚えているそうなので、かなり野球に熱中していたことがわかりますね。

そして11歳までは野球をしていたそう。

ですがその時点で「何となく野球選手にはなれないだろうな」と悟っていたのだとか。

12歳の時になり、千葉県から母親の実家がある徳島県に引っ越していますが、引っ越してからも、野球チームに入り野球に勤しんでいたそう。

犬飼貴丈の幼少期は野球がメインだったようですね。

13歳に中学へ入学すると、漫画の「スラムダンク」が好きだったからか、バスケ部に入りたかったそう。

ですが、中学校にバスケ部が無く、そして母親が知らぬ間に野球部のユニフォームを買ってしまっていた為、不本意ながら野球部に入部したそう、ですが夏の終り頃には行かなくなったそうで、半年ももたなかったのだろうと思われます。

ここから勉強を頑張ったのでしょうか、徳島県の有数の進学校「冨岡西高校」に入学しています。

犬飼貴丈の幼少期は野球、そして勉強と頑張られたようですね。

犬飼貴丈の幼少期を知る為には家族とのエピソードを知ることも重要です。

犬飼貴丈の先祖の噂についてもあるのですが、家族についても追求していきましょう。

スポンサーリンク

犬飼貴丈の家族は?家族とのエピソードは?

まずは犬飼貴丈のお父さんについてご紹介したいと思います。

色々調べたのですが、犬飼貴丈のお父さんの名前や職業などはわかりませんでした。

ですがどんな人物像かというと、こちらも犬飼貴丈のYou Tube「THE 犬飼」の〈人生〉で、犬飼貴丈が4歳の時、お父さんはフィリピンパブにハマりだし、そしてフィリピンパブの女性と共に国外に逃亡したと明かされいます。

なかなか壮絶なエピソードなのですが、犬飼貴丈本人がさらっと言ってしまっているところによるとお父さんとのわだかまりはあまりないのかもしれません。

12歳の時にお父さんが療育費を払わなくなり、家計が回らなくなって、当時住んでた千葉県からお母さんの実家がある徳島県に引っ越ししたのだそう。

なかなか自由奔放なお父さんのようですね?

次に犬飼貴丈の母親についても一般人のため名前や職業などの詳しい情報は見つけることができませんでした。

ですが犬飼貴丈のお母さんを見た俳優仲間曰くは「とんでもない美人」なのだそう。 

男の子はお母さんに似ると言いますし、犬飼貴丈を見る限りでも、お母さんも整ったお綺麗な方なのだと推測できますね。

高校は徳島県の偏差値も高い進学校に入っていることから、犬飼貴丈にお母さんが「勉強も大事だよ」と助言していたのではないかと思われます。

ですが、犬飼貴丈は陸上部のエピソードをはじめとした、真面目にやろうと部活に勉強に頑張りすぎたのか、何かがふっきれ、遊びに熱中していったそう。

そして進学も就職もままならなくなり、将来の事で悩んだとき、お母さんが「こんなのもあるよ」とジュノンボーイコンテストの応募を提案してくれたのだとか。

 この時に生まれたお母さんの名言は「あんた顔だけは良く産んであげてるんやから」だそうです。

そして見事犬飼貴丈は「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞。
 
犬飼貴丈が芸能界入りするきっかけを作ったのはお母さんだったのですね。

今でも週に1回は連絡を取ったり、東京のイベントにも足を運び見守っていたなどの情報もあるようなので、常に犬飼貴丈を気に掛けてくれる、素敵なお母さんなのではと推測できます。

近年はドラマ、舞台、バラエティと活躍の場を増やしているので、お母さんもさぞ喜んでいることでしょう。

次に犬飼貴丈の兄弟ですが、こちらはなかなか出てきませんでした。

犬飼貴丈の過去の発言から、もしかしたらいる可能性があります。

今後も犬飼貴丈の活躍があれば、テレビ等で家族の事なども紹介されて、わかってくるかもしれませんねっ。

スポンサーリンク

まとめ

犬飼貴丈の幼少期について追求していきましたが、小さい頃からイケメンで、周りを翻弄してきたことに間違いないようです。

そしてお母さんにも支えられ、今の犬飼貴丈がいるのだと感じました。

現在でこそ、犬飼貴丈の年収がすごいとも言われていますが、今後もますます活躍していってほしいですね!


タイトルとURLをコピーしました