板垣瑞生はハーフ?両親の出身はどこの国なのか調べてみた!

板垣瑞生はハーフ?両親はどこの国出身なのか調べてみた! 芸能人・有名人

2020年にM!LKを卒業し、現在俳優として活動している板垣瑞生さんはハーフではないか?とSNSで話題です。

確かに板垣瑞生さんはハーフの様なお顔立ちをしているように見えますね。

実際のところはどうなのでしょうか?

そして板垣瑞生さんがハーフなら、板垣瑞生さんのご両親やご兄弟もハーフや海外の方なのかもしれませんね。

今回は板垣瑞生さんがハーフなのかとご家族のことも調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

板垣瑞生はハーフ?

板垣瑞生さんはハーフなのではないか、と言われていますが実際はどうなのでしょう。

板垣瑞生さんの容姿は鼻も高く、顔の彫りも深いですよね?

そして何といってもお目目がぱっちりです。

板垣瑞生の姉もハーフ?

板垣瑞生さんにはお姉さんがいます。

まずは板垣瑞生さんのお姉さんの写真を探してみようと思います。

残念ながら、板垣瑞樹さんのお姉さんは一般の方なので顔写真はありませんでした。

ですが、板垣瑞生さんはお姉さんととても仲が良い様でインスタグラムで新成人に向けて投稿していた際に、自分の姉も新成人だと紹介していました。

自分の姉のことをSNSで投稿するあたり、とてもお姉さんと仲が良い事がわかりますよね。

板垣瑞生の両親は海外の人?

板垣瑞生さんはハーフではないかと言われていますが、板垣瑞生さんのご両親を調べれば板垣瑞生さんがハーフなのかすぐわかりますよね。

板垣瑞生さんのご両親は調べてみた結果、どちらも日本の方のようです

ご両親が日本人ということは、板垣瑞生さんがハーフなのかとインタビューで問われていた時に、ご両親のことを日本人だと話していました。

板垣瑞生さんのお父さんお母さんですから、きっと美男美女なのでしょうね。

スポンサーリンク

ハーフ芸能人は?

板垣瑞生さんがハーフとの噂がありましたが、板垣瑞生さんはハーフではありませんでした。

本物のハーフ芸能人を紹介していきます。

城田優さん

お父さんがスペイン人でお母さんは日本人のハーフ、俳優として活動しておりますが、バラエティ番組にも出演している方です。

皆さんも映画やドラマで見たことありますよね。

私は「花ざかりの君たちへ〜イケメンパラダイス〜」に出演していた城田優さんがとても印象深いです。

マリウス葉さん 

お父さんがドイツ人でお母さんが日本人のハーフ、生まれがお父さんの母国であるドイツで生まれました。

「Sexy Zone」のメンバーとしてデビューするために日本に来たのだとか、そしてマリウス葉さんはとても頭が良く、日本語、英語、ドイツ語が話せるのだとか!

育ってきた環境が海外ですし、他国の言葉に触れる機会が多い分いろんな言語を話せるのでしょうね。

中島健人さん

お父さんが日本人お母さんがフィリピン人のハーフです。

中島さんはマリウス葉さんと同じく「Sexy Zone」のメンバーで、最近では映画やドラマにも出演しております。

バラエティ番組にも出演しており、「ぐるぐるナインティナイン」ではお茶の間に笑顔を届けてくれていますね。

まだまだハーフ芸能人はいますが、やはりハーフの方々の容姿を見ると彫りが深くて目がぱっちりしてますよね。

男性だとイケメンですし、女性だと可愛いより綺麗という言葉が似合う容姿になると思います。

これからも、ハーフ芸能人はたくさん出てきそうですね。

スポンサーリンク

板垣瑞生は自分の顔が嫌い?

板垣瑞生さんのお顔は彫りが深く、目が大きいですよね。

ですが、板垣瑞生さんはこのお顔は不便な事がある様です。

板垣瑞生さんの顔の不便なところは、『目が大きすぎて、目がとても乾く』とのことです。

板垣瑞生さんは非常にドライアイでいつも目薬が手放せないのだとか、少し集中して瞬きを忘れるとすぐ乾燥で目が赤くなってしまうそうです。

一見目が大きいところは羨ましがる人は多いと思いますが、目が大きいと不便なこともあるんですね。

大きい目が羨ましい人は多いでしょうが、持っている人からすると不便という、ないものねだりですね。^^

小さい時から目がとても大きいのがわかりますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は板垣瑞生さんはハーフなのかと、ご家族について調べていきました。

結果、板垣瑞生さんはハーフではなかったですが、ご家族とは仲が良いみたいですね。

ですが、板垣瑞生さんの目が大きすぎて不便だといっている事に羨ましさと、容姿が整っている人の言うことは違うなと思わされましたね^^

感じたのは板垣瑞生さんは歳を重ねるにつれて、大人な男性の魅力というのがじわじわと顔つきに出てきてるなぁと感じました。

きっと感じているのは私だけではないと思います。

この感じたことを踏まえて、これからの芸能活動も頑張って欲しいですね。


タイトルとURLをコピーしました