鍵山正和は脳梗塞で左半身麻痺?鍵山優真のコーチで指導は可能?

鍵山正和は脳梗塞で左半身麻痺? 芸能人・有名人

フィギュアスケート元オリンピック代表で、鍵山優真選手の父でコーチでもある鍵山正和が脳梗塞で左半身麻痺なのではと言われています。

フィギュアスケートのコーチをすることも、シーズン中は各地を飛び回ったりすることが多いので、大病をわずらったり、半身に麻痺が残るような病気の場合、大変な苦労をされたことと思います。

今回は、鍵山正和が脳梗塞で左半身麻痺なのか、鍵山優真のコーチ指導は可能なのかどうか、調べてみました。

スポンサーリンク

鍵山正和は脳梗塞で左半身麻痺?

鍵山正和が脳梗塞であるかどうかは、正式に発表されているわけではありません。

しかし、息子で師弟関係のある鍵山優真がフィギュア試合後のインタビューで、父である鍵山正和さんが大病をわずらっていたことを語ったことがあるため、病気をされていたのは間違いありません。

また、日本経済新聞に以下のような記載がありました。

2018年6月23日、ジュニアグランプリシリーズ派遣選考会で演技を終えた直後、父が病に倒れたのだった。

日本経済新聞

また、シーズン中に鍵山優真選手の隣に座る鍵山正和さんの右側にはいつも杖が置かれてますので、左半身がうまく動かないのではないかと言われています。

左半身が動かないということは、脳梗塞の後遺症なのではないかとの憶測があるため、このような噂が広がっている可能性が高いですね。

スポンサーリンク

鍵山優真のコーチとして指導は可能?

鍵山優真さんがインタビューで答えたように、父である鍵山正和コーチは病気をされて、杖を使用していますが、コーチとしての指導は可能なのでしょうか?

調べてみたところ、鍵山正和さんは、2018年から2019年にかけて、鍵山優真さんのコーチから外れており、このシーズンは鍵山正和さんの替わりに佐藤操さんがコーチとして鍵山優真さんを指導していたようです。

しかし、そのシーズン以降は鍵山優真さんのコーチとして復帰されており、一緒に大会も参加されていますので、コーチとしての指導は可能なようですね。

日本経済新聞にも、鍵山正和さんが病に倒れた後のことが書かれていました。

隣で見守っていた佐藤は言う。「一度も泣き言を言わなかったし、しょげていたこともなかった。お父さんへの思いをひしひしと感じた」。後輩の面倒を見たり、自分で練習メニューを組み立てたり。半年後、正和がリンクに戻ってくると「全てに成長がうかがえる」、精神的にたくましくなった鍵山が待っていた。

日本経済新聞

鍵山正和さんが入院中も、鍵山優真さんが気丈に振る舞い、成長していた姿が目に浮かびますね。

鍵山優真さんと鍵山正和さんのすべりを比較した動画が上がっていましたが、姿もそっくりですし、すべり方も似通ったものがあります。

親子というのもありますが、コーチと選手という師弟関係でフィギュアの指導をされているので、鍵山正和さんのフィギュアのすべりもしっかりと伝えられているように思います。

スポンサーリンク

まとめ

鍵山優真さんの父であり、コーチでもある鍵山正和さんは、息子さんのインタビューから病気をわずらっていたことがわかっていますが、それが脳梗塞であるかどうか、左半身麻痺であるかどうかは、わかっていません

しかし、フィギュアの大会などで放送される鍵山正和さんの右隣にはいつも杖がありますので、杖を使って歩くようにしていることがうかがえます。

鍵山優真さんと鍵山正和さんのすべりもよく似ていることから、鍵山正和さんの指導が熱心であることも伝わってきますし、鍵山優真さんも幼いうちから国際大会などに出場し、着々と実力をつけてきていますので、今後の活躍も楽しみですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました