甲斐まりかの親は何人?父親は日本人で母親はタイ人のハーフだった

甲斐まりかの親は何人?父親は日本人で母親はタイ人のハーフだった 芸能人・有名人
スポンサーリンク

甲斐まりかの親はどこの人なのか。

そして父親は日本人で母親はタイ人のハーフらしいけど本当?

など、今回は彼女の家族について丸っと調査してみたいと思います^^

これまでマレーシアやタイ、ドイツそしてイギリスなど海外暮らしが長い彼女を長年側で支える両親はすんごい人達?

更に、父や母とのほっこりエピソードなども出てきちゃうかも。

甲斐まりかの親について色々と調べてみると色々と発見しちゃいましたよ。

そして今でもきっと娘のことを応援している両親は娘にとってかけがえのない人達でした。

スポンサーリンク

甲斐まりかの親は何人?

甲斐まりかの親は何人?

ということで調べてみたところ甲斐まりかの親は父が日本人で母がタイ人だとのこと。

これについては様々な記事などでも紹介されていました。

そして甲斐まりかは親について、特に母親については尊敬しているらしくいつも仲良し。

一緒に甲斐まりかが親と郷土料理を作った番組(Youtube)などが公開されています。

しかし、甲斐まりかは親が国籍が違うということもあり、幼少の頃はかなり悩んだとか。

“私は一体何者なんだろう?”

とハーフならではの悩みを彼女もずっと抱えていたみたいです。

日本人として周囲に溶け込もうと必死だった小学生の自分に教えてあげたいのは、学校の外には自分の意思でいたいと思える場所、自分が自分らしくいれるコミュニティがたくさん存在すること。そして、どのコミュニティに自らのアイデンティティーを置くかは自分で選べること、それが最大の自由なのだと。

REING ホームを探していた小学生の私に、伝えてあげたいこと|Beauty Deep Dive 〜第四章 アイデンティティー〜

小学生の頃の自分に問いかけるような記事も執筆しています。

今は自分の居場所を見つけ、そしている場所、やりたい事を決めれることは”最大の自由”なのだと今では人生を満喫している様です。

それにしても辛いですよね。

そこに行っても自分が何者かわからないって思わされるのは。

しかし彼女の記事を読んで分かったのは、辛い時期は甲斐まりかの親が側で支えてくれていた事。

「あなたはそのままで良い」。

こんな風に親に認められながら育つと自己肯定感も上がりそう^^

それにしても誰にとってもやっぱり家族ってとても力強い味方ですよね。

甲斐まりかの結婚や彼氏についても、親に相談しているのでしょうか。

スポンサーリンク

甲斐まりかの父親の職業は?   

甲斐まりかの父親の職業って何なのか?

かなり気になりますよね。

しかし調べてみたところ甲斐まりかの父の職業を公開している情報はなく残念。

昔から家族と共に様々な国を股にかけ移住しているみたいなので、仕事もかなりのエリート系じゃ?

しかも甲斐まりかはイギリスの名門校エジンバラ大学を卒業されています。

真子様もエジンバラ大学に留学で一時話題になりましたよね。

エディンバラ大学
  • 設立年月日 1583年
  • エディンバラはスコットランドの首都。そしてエディンバラ大学はイギリス・スコットランドの大学でヨーロッパ屈指の名門校。そして学費が高いことでも有名で年間500万程かかるとも。
  • 世界大学ランキングでは16位(2022年)

ところでイギリスは学費が高いことでも有名ですがこのエジンバラ大学は留学生にとってはかなり高い学費です。

噂では年間5百万以上とも言われているのでそれを惜しげもなく愛娘のために出せるぐらいなのでかなり金持ちなのでは。

そして後述しますが、母親は大使館工業部に勤務していたとの情報があります。

もしかすると父も大使館関係なのではないか?

これについて全く裏づけはありませんが、勝手にそう思ってみたり。

例えば在外日本大使館で働こうと思ったら、国家公務員・外務省専門職員に合格して英語力も必須!

でもなんだかやっちゃってそうな雰囲気って勝手に決めつけちゃっていますが。

この動画では家族と長野に来ている様子が映っています。

自然がたくさんでこちらまで癒されます。

東京ではやはり心が休まらないのだとか。

時々こういった自然一杯のところで家族旅行などしているのかもしれませんね。

そして動画では手を振るダンディなパパ(0:47〜)は凄く優しそう^^

ちなみに実家は金沢にあると動画(0:38〜)で言っていましたので、甲斐まりかの父と母は金沢で娘の活躍を応援しているのかな?

年末年始は家族の元に帰っているみたいですね。

スポンサーリンク

甲斐まりかの母親はタイの人?

甲斐まりかの母親はタイ人なの?

これについてはYesです。

様々な記事にこのことは書かれていますし自身の番組(Youtube)でも紹介していましたよね。

彼女の母は現在はどんな仕事をしているかは不明ですが、かつては大学でMBA(経営学修士)を取得するほどの才女。

さすが、甲斐まりかが親の血を受け継いでいると言っても過言ではないかも?

彼女自身もとても頭が良くエリート校と言われる大学に入学しそして飛び級したなんて噂もあるぐらいです。

やっぱり頭がいいのは親譲なのかもしれない。

こちらの動画(0:21〜)でも確認できますが、お名前はアーパさんというそうで、タイ王国大使館工業部に勤務されていたそうです。

顔は娘とはちょっと違ってでも優しい雰囲気ですよね。

時々料理雑誌のオレンジページにも自国のレシピが掲載されておりお料理も得意ということが分かります。

頭が良くて料理も得意なんて、自慢の母に違いないです。

株式会社オレンジページ
  • 料理雑誌「オレンジページ」などを刊行する出版会社。
  • 様々な料理のレシピや生活関係の情報などを発信している。

前述しましたが、母の郷土料理も自身のチャンネルであげており、映像の様子から母と娘の様子が垣間見られます。

普段母とは英語や日本語で話すのかな?

と想像してしまいました。

ちなみに母について嫌いな所は「朝がめちゃくちゃ早い」だそうですよ^^

前の動画でも”甲斐家の朝はとても早い”なんてコメントもしていました。

勤勉な人ってどうして朝が早いんでしょう。

私は何時間でも寝られます。

しかし、やっぱり甲斐まりかのタイ人である母は”お手本”で尊敬も。

彼女曰く母はオープンマインドな人らしいですよ。

ふと思い出すのはママが私にいつもかけていた言葉ー「何もしなくてもいいのよ、そのままのまりかが一番なんだから」

REING 何もしなくてもいい?反抗心とコンプレックスを解いたママの言葉|Beauty Deep Dive 〜第一章 美の哲学とは〜

娘が辛く悩んでいた時期や多感期な10代の頃よく「あなたはそのままで良い」と言われたそう。

若い頃はその意味することがわからず反抗心を持ってしまっていたらしいです。

今になってその意味することがよくわかると彼女は言います。

大体そうなんですよね。

若い頃は母の忠告なんて耳にも残らない。

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回は甲斐まりかの親は何人なのか。

そして父親は日本人で母親はタイ人のハーフということがわかりました。

父親が何の仕事をしているのかは分かりませんでしたが、母は大使館関係のお仕事できっとすごい家族であろうことは予想できますよね。

そして幼い頃にはハーフであるが故の悩みがあったりと今の堂々とした姿からはなかなか想像しにくい時期もあったんだなと新しい発見も。

母親にいつも励まされ支えられていたなど彼女の家族模様が少しだけ垣間見れました。

今では日本で活躍していますが時折リフレッシュするために家族の元に帰ってるのかな^^


タイトルとURLをコピーしました