金指一世はお金持ち?どんな私生活?

金指一世はお金持ち?どんな私生活? 美少年

金指一世(かなさしいっせい)は、趣味を「ファッション、旅行」と公言しています。

どちらの趣味も、お金がかかることが多いものです。

ここで、金指一世はお金持ちなのか?という疑問が生まれました。

金指一世はお金持ちなのでしょうか?

また、どんな私生活をしているのでしょうか?

スポンサーリンク

金指一世はお金持ち?

まず、「お金持ち」という表現は何を指標にしているか、で変わってくるかもしれません。

しかし、それを踏まえた上で、世間一般的な感覚で考えると、「金指一世はお金持ちである」と結論を出しました。

理由は次の3つです。

・中学校、高校共に私立の学校に通っている
・毎年家族旅行をしており、何度も海外へ行っていた
・豊洲駅周辺での目撃情報が多い(実家が豊洲の可能性が高い)

以下、これらについて詳しく見ていきましょう。

金指一世は中学、高校共に私立校へ通っている

理由の1つ目として、中学、高校共に私立校へ通っていることが挙げられます。

金指一世は現在私立の駒込高等学校へ通っています。

また、この高校は中高一貫で、金指一世は中学受験をして駒込中学校に入学していたことも明らかになっています。

中学校から私立の学校に通うという選択は、あまりにお金に心配があれば、難しい決断です。

また、中学受験というのは厳しい世界。

彼は中学受験のために塾に通っていたとインタビューで話しています。

これらを踏まえると、金指一世はお金持ちな家庭で育ったと言えそうです。

毎年のように海外旅行をしていた

理由の2つ目として、毎年のように海外旅行をしていたということが挙げられます。

これも金指一世がインタビューで言っていました。

具体的に明らかになっているのは、ロサンゼルス、ハワイ、タイ、シンガポールと、日本人に人気の国々です。

海外旅行はもちろん、お金がかかります。

海外旅行は、安く抑えることも可能ではありますし、身近なものにはなってきています。

しかし、先ほどの「中学、高校共に私立校へ通っている」という話を踏まえると、金指一世はお金持ちなのだろうなと考えられます。

豊洲に住んでいる可能性が高い

さらに、理由の3つ目として、豊洲に住んでいる可能性が高いということが挙げられます。

豊洲での金指一世の目撃情報が多いことから、こう噂されています。

豊洲は、東京都の湾岸の方であり、タワーマンションが立ち並ぶ地域として有名です。

実際に豊洲に住んでいるのだとしたら、金指一世はお金持ちであると言えるでしょう。

スポンサーリンク

金指一世の私生活は?

金指一世がお金持ちということで気になるのは、その私生活ですね。

現在、私立の駒込高等学校に通っているということは明らかになっており、普段は高校に通ったり、芸能活動をしたりしているでしょう。

毎年行っていたという海外旅行は、現在の状況では難しいと思われます。

長期の国内旅行も、芸能活動をする上で難しそうです。

金指一世の母親や家族について、「自粛期間中、父がパズルを買ってくれた」というエピソードがあったことからも、自粛はしっかりしているようですし、家で出来ることをしているようですね。

芸能活動や高校の勉強を両立していることもあり、自由な時間はあまりないかもしれません。

芸能活動が忙しくなるにつれ、収入も増えていくはずなので、今後はさらにお金に余裕が出来ていくのではないかと思います。

スポンサーリンク

美少年の他のメンバーはお金持ち?

金指一世はお金持ちであると結論を出すことが出来ましたが、「美少年」の他のメンバーはどうなのでしょうか。

有名なのは、浮所飛貴(うきしょひだか)がお金持ちであるという話。

私も、彼の公式に発表されている趣味を見て「確かに」と納得しました。

浮所飛貴の趣味は「ヴァイオリン・テニス・乗馬」です。

ヴァイオリンやテニスは、知り合いにも習っている人や部活でしている人はいましたが、乗馬はかなり珍しい趣味ですね。

特技でもあるそうですから、習い事であったのではないかと推測できます。

他にも、彼は中学校から大学まで私立校であったり、高級ブランド品を身につけたり持ち歩いたりしている姿が度々みられるなど、お金持ちであると推測せざるを得ないようなエピソードがたくさんありました。

これらの情報をすべてまとめて考えると、浮所飛貴はお金持ちであるようです。

スポンサーリンク

金指一世はお金持ち?についてまとめ

結論ですが、金指一世はお金持ちであるようです。

彼のエピソードや経歴などから推測出来ます。

また、彼と同じグループのメンバー、浮所飛貴もお金持ちであると有名です。

ただ、人がお金持ちかどうかは、主に貯金額や所有する物の価値等色々なものから考える必要がありますし、個人によって捉え方が違いますよね。

しかし今回は彼の過去のインタビューなどから、一般的な考え方の元、結論を出しました。


タイトルとURLをコピーしました