久保建英の実家はどこ?両親は誰で教育方針は?

久保建英の実家はどこ?両親は誰で教育方針は? サッカー日本代表

久保建英選手は、オリンピックでも大活躍。

最年少でスペインへ留学するなど経歴がすごいですよね。

久保建英選手のように才能溢れる世界で活躍する子どもに育てるにはどうすれば良いのかなんて考えませんか?

天才久保建英選手の実家について調べました!

いったい、どのような両親が育てたのか?

どのような教育をすれば久保建英選手のように育つのか?

詳しく調べてみました!

何事もまねることは大切です。

久保建英選手の実家について知ることで、子育てのヒントを見つけてみましょう!

スポンサーリンク

久保建英の実家はどこ?

久保建英選手の実家は、神奈川県川崎市麻生区にあるそうです!

さすがに、場所を特定はできませんでした!

しかし、久保建英選手の中学校は、川崎市立西生田中学と言われています。

学区から考えると、高石一丁目〜五丁目、多摩美一丁目〜二丁目、細山一丁目〜七丁目、百合ヶ丘一丁目〜二丁目が考えられます!

川崎と聞くとちょっと治安が悪そうなイメージが個人的にはあるのですが、麻生区は治安も悪くなく、住みやすい町のようです!

久保建英選手の実家候補として、百合ヶ丘も入ってきます!

百合ヶ丘は、特に家賃がダントツで高いと言われています。

お金持ちエリアです。

久保建英選手の実家も、もしかするとお金持ちなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

久保建英のご両親はどんな人?

久保建英選手の実家のご両親はどんな人なのでしょうか。

久保建英選手の父親はこんな人

久保建英選手の父親は、久保建史と言います。

大企業で有名なミサワホームの会社員だそうです!

部長クラスだとか。

出身は和歌山県、筑波大学体育専門学群卒業。

高校と大学は、サッカー部に所属。

大学時代は、少年サッカーを指導していた経験の持ち主です。

しかし、プロのサッカー選手を指導するほどではなかったようです。

久保建英選手が生まれて、父親は子育てに初めは自信がなかったようです。

しかし、自分の経験のあるサッカーならば息子と楽しめるのではないかと思ったそうです。

親子でサッカーで遊ぶことは久保建英選手が2歳の頃から習慣になったと言われています。

大企業で働いていると、十数年前は特に久保建英選手の父親は働き盛りですね。

おそらく、朝から晩まで働いて忙しかったと思います。

普通の父親なら、休みの日はダラダラと過ごし、子育ては奥さんに任せっきりなんて当たり前だったと思います。

今や、イクメンなんて言葉があって、父親の子育て参加が言われていますが、久保建英選手が子どもの頃はそうでもなかったと思います。

子供とどのように関わろうと悩んだり、不安に思たったりするなんて父親の鏡ですね。

さらに、土日どころか、夜は帰りが遅いため、平日は必ず朝の出勤前に久保建英選手とサッカーをしたそうです。

なかなかできることではありませんよね。

子煩悩な感じもしますし、息子の事をしっかし考える優しい父親な感じですね。

久保建英選手の母親はこんな人

久保建英選手の母親は、名前の公表はされていません。

特に働いているという情報はありません。

おそらく、専業主婦のようです。

久保建英選手の母親は、実力のあるアスリートには次男が多いという情報をどこかで知ったそうです。

そして、久保建英選手は長男だけど、次男のように育てたいと思ったそうです。

長男というのは、周りの目を気にしがち。

次男ならではの経験として、年齢や上下関係に怖気ずくことなく、たくさんの子供と関われる環境で過ごさせてあげたいとも思ったそうです。

施設名はわからなかったのですが、独自の保育をしている団体を見つけ、久保建英選手を入れたそうです。

未就学児までの様々な年齢の子供たちが集まっており、公園だけでなく、山登りもあったそうです。

久保建英選手の母親は、とても教育熱心な感じがしますね。

さらに、久保建英選手のために、絵本の読み聞かせもほぼ毎日欠かさずしてあげていたそうです。

息子の久保建英選手のために、家事と育児の両立は大変だったと思います。

しかし、久保建英選手の母親も父親に負けないほど教育熱心で、息子への愛情の深さを感じます。

スポンサーリンク

久保建英の実家の教育方針

久保建英選手の実家のご両親は、とても子煩悩で愛情いっぱいに関わってくれていたことがよく分かってきました。

久保建英選手が、今のように育ったのは久保建英選手の実家のご両親二人の愛情だけだったのでしょうか。

しかし、それだけではないようです。

久保建英選手の実家の教育方針がちょっと面白いです。

  • リビングにテレビは置かない
  • おもちゃもほぼ買わない
  • 外遊びのときは、裸足
  • 絵本の読み聞かせをたくさんする

体力をつけるため、久保建英選手に外遊びをさせるということを意識していたようです。

しかし、それだけではなく、絵本の読み聞かせの目的も、集中力と想像力を養うためだそうです。

外で元気に遊ばせ、さらに集中力、想像力も養う。

今の久保建英選手に直結している感じがしますね。

実力主義のサッカー界でも十分通用する体力、スポーツ選手には欠かせない集中力。

何かをやり遂げるポジティブな自分をイメージできる想像力もとても大切ですよね。

体力とメンタルを幼少期からしっかり育てられたことが、本当に良かったのだと思います。

そして、久保建英選手の土台には両親の愛情がたっぷりとある。

最高の環境で久保建英選手は育ったと言えます。

久保建英選手の実家の教育方針、最強です!

さらに詳しく久保建英選手の実家の教育方針が知りたい方は、久保建史さんが著書「オレ、バルサに入る」もおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

久保建英選手の実家についてお伝えしてきました。

そして、久保建英選手の実家のご両親についても調べました。

さらに、久保建英選手の実家の教育方針についても明らかにしてきました。

なぜ、今の久保建英選手が、世界で活躍するサッカー選手になったのかが見えてきた気がします。

久保建英選手のような子供を育てるには、まず愛情!

次に、こだわりのある教育だったのですね。

すべてを実践するのは難しいかもしれませんが、どれかできそうなものを試してみても良いかもしれません!

もしかすると、久保建英選手のような子供が育つかもしれません。


タイトルとURLをコピーしました