豆原一成の両親はどんな人?兄弟構成は?

豆原一成の両親はどんな人?兄弟構成は? JO1
★★楽天マラソン開催! ショップ買いまわりでポイント10倍★★
▲6月27日1時59分まで▲
▷▶︎会場はコチラから◁◀︎
スポンサーリンク

かわいい笑顔でおっとりしている話し方から想像出来ないキレッキレのダンスをして、そのギャップでファンの心を鷲掴みにしている豆原一成の両親や兄弟関係はどのようなものなのでしょうか。

また、小さい頃の豆原一成は両親のどのような教育のもと育ったのか。

豆原一成の両親や兄弟、また両親の教育について調べることで、新たな一面が発見されるかもしれないと思い調べてみました。

スポンサーリンク

豆原一成の両親はどんな人?

豆原一成の両親はどんな人なのでしょうか。

残念ながら父親についても、母親についても詳しい情報は載っていませんでした。

しかし、2019年12月11日のオーデイションのファイナルでは豆原一成の両親も見守っていたそうです。

会場では、心から応援する両親がいたからこそ、オーディションのファイナルを見事1位で通過できたのかもしれませんね。

豆原一成の両親は涙を浮かべながら祈るようにながっていたという情報もあります。

心の底から応援し、涙するほどだと思うと豆原一成への両親の愛情を感じますね。

豆原一成は小さい時からアイドルになりといと言っていたそうです。

男の子がアイドルになりたいというと「男の子だからダメだ」と言ってしまう家庭が多くあるだろうけど、大きくなってもその夢を持ち続けていたと考えると、豆原一成の両親はその夢を「そうかそうか」と認めていたのではないでしょうか。

また、アイドルになりたい夢を否定することなく関わっていたとすると、豆原一成が小さい時からやりたいと思うことを認めながら育てたのではないかと想像できます。

そんなことを考えると豆原一成の両親はとても素敵なご両親ですね。

豆原一成と両親の微笑ましいエピソード

ひとつ目は、豆原一成が高校を卒業するときに、両親からの手紙をもらい涙するというエピソード。

ふたつ目は、香水を「お母さんとお父さんにつけて欲しいなぁ」と記者会見でも呟くエピソード。

二つのエピソードからは、豆原一成と両親の関係の良さが伝わるとともに、豆原一成は両親思いの人なのだなとわかりますね。

どちらのエピソードもほっこり心が温まるものですね。

スポンサーリンク

豆原一成の兄弟構成は?

では、次に豆原一成の兄弟構成はどうなのでしょうか。

これも、残念ながら公式な情報はなかったです。

しかし、ネットでは「豆原一成には姉がいる」と噂になっているようです。

豆原一成の優しげな笑顔やルックスからは、女兄弟がいそうな雰囲気があるので、そのような噂が立つのもわかる気がします。

また、母親がナインティナインの岡村隆史と同じ歳であるということで、32歳の時に生まれた子が豆原一成です。

兄弟がいるとすれば、上に姉か兄がいる可能性も大いにあり得ますね。

兄弟の有無は変わりませんでしたが、豆原一成は両親から大変可愛がられて育ったに違いないと思います。

スポンサーリンク

豆原一成の両親の教育とは

次に、豆原一成の両親の教育について調べていました。

豆原一成の両親はどんな人という上記の記事に、豆原一成のやりたいことを純粋にやらせて応援していた環境であったのではないかと書きましたが、豆原一成は幼少期には様々なスポーツをしていたようです。

例えば、陸上(走り高跳び)、相撲、水泳、野球などをしていたとのこと。

豆原一成は小さい時からスポーツ万能だったという情報もあり、幼少期からの様々な経験が運動神経につながっているのかもしれません。

幼少期に多様な経験をすることは、神経系の発達的にも良いと言われています。

豆原一成の両親はいろんな環境を提供し、多様な経験をさせることを意図的に選び、教育していたのではないでしょうか。

だからこそ、運動神経がよくスポーツ万能に育ったに違いないないですね。

また豆原一成はたった3年のダンス歴で、インストラクーという立場になり、子どもたちにダンスを教えていたという驚きのエピソードがあります。

それほど、ダンスの習得も早く、ダンス歴が短くてもファイナリスト1位を取れることに驚きが隠せません。

豆原一成は両親の「いろんな経験をして欲しい」という教育理念のもの、大切に育てられ、そして豆原一成も様々な経験からたくさんのことを学び育ったのだろうなと思います。

また、こんなエピソードもあります。

「好きな食べ物は?」という質問に、豆原一成は「お母さんの豚汁」と答えているというもの。

しっかりとお母さんのご飯を食べて育ったのだな、またお母さんおご飯は美味しかったんだろうなと推測できますよね。

以上のことから、幼少期にたくさんの習い事をさせ、また手作りのご飯もしっかりと作っていたとなれば、きっと子ども中心の生活で、たくさんの愛情を注いでいたのだと考えられます。

豆原一成の両親の教育は、本人のやりたいことを尊重しながらも、さまざまな経験ができるような環境設定を両親が意図的に作り、自分には何が得意で何が好きかを見つけてもらおうとしたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

これまで、豆原一成の両親や兄弟について、また豆原一成の両親の教育について書きました。

はっきりした情報はどこにもなく、推測されることでしたが、豆原一成の両親は温かく、息子を大切に育てたのだろうなと感じることができました。

豆原一成は両親の愛情をたっぷり注がれたからこそ、自分を受け入れ自分を好きでいられたのでしょう。

だからこそ、豆原一成はアイドルになりたいという目標を持ち、その夢を実現することができたのではないでしょうか。

JO1メンバー記事はこちら


タイトルとURLをコピーしました