大迫敬介の中学や高校は?学生時代のエピソードからの人柄は?

大迫敬介の中学や高校は?学生時代のエピソードからの人柄は? サッカー日本代表

プロサッカー選手の大迫敬介。

昔からゴールキーパーをやっているという大迫敬介の中学校はどこなのでしょうか?

また大迫敬介の高校も気になりますよね?

やはり中学、高校とサッカーづくめの青春時代だったのでしょうか?

大迫敬介の中学や高校の頃を調べ、学生時代からみた大迫敬介の人柄もみていきたいと思います。

スポンサーリンク

大迫敬介の中学校はどこ?

大迫敬介の中学校はどこでしょうか?

鹿児島県でうまれた大迫敬介は中学生まで鹿児島県出水市で過ごしています。

調べたところ大迫敬介の中学校は「出水市江内中学校」なのだそうです。

出水市江内中学校の公式HPでは2016年度は全校生徒で38人と、人数が少ない学校のようです。

ですので大迫敬介は中学時代、サッカーは部活ではなく、市内のクラブチームでプレーをしていたのだそう。

自然豊かな場所で大迫敬介もおいしい空気を吸いながらのびのびとサッカーをしていたのでしょう。

大迫敬介は中学校の教育方針に沿ってサッカーをしていたのでしょうか?

大迫敬介の中学時代のサッカー歴を見ていきましょう。

スポンサーリンク

大迫敬介の中学時代のサッカー歴は?

大迫敬介は中学の頃からサッカーU-16の日本代表として国際大会にも出場しています。

世界の強豪国とも戦った経験から、大迫敬介は「オリンピックやワールドカップに出場したい」と話していたのだそう。

大迫敬介は中学校の教育目標である「夢をもち」を忠実に実現しているのですね!

夢を叶えられる人は一握りですが、大迫敬介はプロサッカー選手になり、夢をもち続けていますっ!

では大迫敬介は高校はどこだったのでしょう?

やはり高校生活も中学と同じくサッカー尽くしの日々だったのでしょうか?

中学と合わせて高校も見ていきましょう。

スポンサーリンク

大迫敬介の高校はどこ?

大迫敬介の高校はどこになるのでしょうか?

大迫敬介は中学生までは鹿児島にいましたが、高校ではサンフレッチェ広島ユースに所属する事が決まり、広島に移り住んでいます

サンフレッチェ広島ユースに所属する全選手は「広島県立吉田高等学校」に通うそうで、大迫敬介も「広島県立吉田高等学校」で高校生活を過ごしていたようです。

サンフレッチェ広島ユースの選手が通う高校という事もあり、やはり卒業生には日本を代表するサッカー選手が数多くいるようです。

ですので、サッカー部が強い高校なのは間違いなく、大迫敬介にとってとても良い環境であったことに間違いないでしょう。

スポンサーリンク

大迫敬介の高校時代のサッカー歴は?

大迫敬介は中学に引き続きますますサッカー漬けの毎日を過ごしていたようです。

成績としては高校1年生で既にトップチームのキャンプにも参加しています。

高校2年生の時にはゴールキーパーとして高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグWESTで優勝を果たし、大迫敬介はそれに大きく貢献したと言われています。

その後のチャンピオンシップでは青森山田高校に敗れたものの、大迫敬介はMVPを獲得しています。

大迫敬介は高校生活の3年間では代表入りも多く果たし、2017年3月にはサンフレッチェ広島とプロ契約をしています。

大迫敬介の中学、高校での努力がプロの選手への道を開いたのですね。

大迫敬介の中学・高校のエピソードからみえる人柄

大迫敬介は中学のときに既に夢をもってサッカーをしていることがわかりました。

では中学・高校と青春時代のサッカーの活躍等をみて、大迫敬介の人柄をみていきたいと思います。

大迫敬介のポジションは「ゴールキーパー」です。

既に大迫敬介は小学校低学年のときからずっとゴールキーパーをしていたのだそう。

ではゴールキーパーのポジションに求められる人柄はどのようなものなのでしょうか?

ゴールキーパーのミスは直接即失点につながってしまうことから、失点をする度に落ち込んでしまったり、味方や周りから文句を言われてしまいやすいポジションです。

ですので、ゴールキーパーは非常にタフなメンタルを求められるのだとか。

大迫敬介は小学生のときからゴールキーパーというポジションに付いていたということで、小さい頃からメンタルが鍛えられていたことに間違いないでしょう。

広島ユース時代の監督沢田謙太郎は、大迫敬介の一番いいところは、「どんなときも下を向かずやれるところ」なんだとか。

また2019年より広島ゴールキーパーコーチの澤村公康は、大迫敬介の一番の強みは「常に平常心でいられる」と言っていることから、共に大迫敬介のメンタル面を高く評価しています。

また、大迫敬介の人柄としては、おおらかそうと言われることも多いようで、タフなメンタルゆえに、相手にも厳しくないように見られるのでしょうか?

上記でも述べたように大迫敬介はゴールキーパーとして、中学・高校もサッカーで結果を出し続けていました。

努力もすさまじいものだったでしょう。

今のメンタルが強く、それでいておおらかな大迫敬介の原点は中学・高校の頃に培われたことに間違いなさそうです。

まとめ

やはり思った通り大迫敬介は中学や高校生活はサッカーづくめの日々を過ごしていましたね。

そして今や東京五輪世代の注目守護神と言われている大迫敬介。

五輪の次は、2022年に韓国でW杯も開催予定です。

常に日本を代表する選手になりたい!と思っているという大迫敬介。

ぜひ大迫敬介には中学のときに語った夢を実現させてほしいです!


タイトルとURLをコピーしました