相馬勇紀の学部や大学高校は?大学生活で得たものとは?

相馬勇紀の学部や大学高校は?大学生活で得たものとは? サッカー日本代表

名古屋グランパスエイトのプロサッカー選手相馬勇紀の学部は何でしょうか?

そもそも相馬勇紀は大学を卒業しているのか? 

もし卒業していたら、どんな大学でで何を得たのかも気になりますよね。

サッカーの技術以外に何か得たのでしょうか?
 
相馬勇紀の学部、そして大学、またその大学へ導いた高校はどこなのか、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

相馬勇紀の学部は?大学は出てるの?

相馬勇紀の学部は何でしょうか?

そもそも相馬勇紀は大学を卒業しているのか?

調べたところ、相馬勇紀は早稲田大学を卒業しているということがわかりました! 

また相馬勇紀の学部はスポーツ科学部という、「スポーツの価値を高め、広める」という理念をもった学部であったことがわかりました。

相馬勇紀の学部のスポーツ科学部の卒業生はスポーツ分野(スポーツの選手・指導者・トレーナー、スポーツジャーナ リストやスポーツビジネスに携わるなど)の他にも、一般企業の中の多彩な現場で活躍している人達がいるようです。

卒業後の進路と資格 – 早稲田大学 スポーツ科学部

相馬勇紀のようにプロのスポーツ選手以外にも色々な道へ進む人たちが相馬勇紀の学部にはいたのですね。

相馬勇紀の学部のスポーツ科学部の偏差値は70〜75なのだそう。

さすが早稲田大学です、かなり高い数値です。

相馬勇紀はサッカーの実力もあったことから、スポーツ推薦で入っている可能性が高いとみられますが、早稲田大学卒業のプロのサッカー選手とは、相馬勇紀が実力と知識をもった選手であると伺えますね。

では相馬勇紀は早稲田大学で何を得たのでしょうか?

見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

相馬勇紀が大学で得たものは?

相馬勇紀は早稲田大学で何を得たのでしょうか?

相馬勇紀は卒業記念企画のインタビューでこのように答えています。

早稲田のサッカー部は本当に学生主体で運営しているんです。
4年生になると、やることや考えることが増えるんですよ。
毎日チームのことを考えていましたし、相手チームの分析のような仕事もたくさんありました。
4年生はサッカーだけをやっていればいいわけではなかったんです。
例えば下級生を指導したりと、いろいろな立場や役割がありました。

【卒業記念企画】教えて青春の1ページ(相馬勇紀編) | インサイド・グランパス

相馬勇紀はサッカーのプレーだけでなく、相手チームの分析、下級生の指導など考えることも多かったようですね。

これはプロのサッカー選手になってからもチームをまとめたり、チームの中で相馬勇紀が際立った活躍をする原点になったことに間違いないでしょう。

そして相馬勇紀は早稲田大学に入ったことでかけがえのないものを得ていましたっ。

早稲田に入った4年間で1番良かったことは大切な人に出会えたこと!
ということで一足先にありがとうを伝えてきます(((o(゚▽゚)o N)))♡

早稲田大学ア式蹴球部公式サイト

相馬勇紀は早稲田大学での4年間、問題児だったようですが、プロが内定してからも、スタッフや先輩、後輩、同期のみんなから人間性の大切さを教えてもらったようですね。

たくさんぶつかりながらもずっと支えてくれる人が相馬勇紀の周りにはいたようですっ。

大学生活でかけがえのない仲間に会えたことは、相馬勇紀のこれからの人生において何かにつまづいたときにも、大きな支えとなるでしょう。

相馬勇紀の学部はスポーツ科学部、そして相馬勇紀は早稲田大学ということがわかりました。

相馬勇紀はサッカーの実力もあるので、スポーツ推薦ではあるかと思いますが、導いた高校はどこなのでしょうか?

気になりますね?

見ていきましょう。

スポンサーリンク

相馬勇紀の高校はどこ?

相馬勇紀の学部はスポーツ科学部、そして大学は早稲田大学ということがわかりました。

そこへ導いた相馬勇紀の高校はいったいどこなのか?

調べたこところ、相馬勇紀の高校は「調布南高校」ということがわかりました。

調布南高校は、東京都調布市にある公立高校です。

京王多摩川駅から徒歩3分とアクセスもしやすく、調布駅や多摩川にもほど近い高校になります。

調布南高校の偏差値は57とこちらも高い数値になります。

また調布南高校は英語教育にも力を入れていて、コミュニケーションと英語表現に分かれて学習することで英語力を身に付ける教育をしているようです。

プロのサッカー選手となれば、世界にも羽ばたいていくわけですから、英語力が身に付いていれば将来必ず役に立ちますもんね!

そして調布南高校を選んだのは相馬勇紀の母親なのだそう。

ではなぜ調布南高校だったのか?

見ていきましょう。

スポンサーリンク

相馬勇紀の母親はどうして調布南高校をすすめたの?

調布南高校は母親が相馬勇紀に勧めたのだそう。

それはどうしてか?

相馬勇紀の母親は、子育てにあたり、「睡眠」を大事にしてきたのだそう。

小学生の時は7時か8時に、中学生の時は9時に相馬勇紀を寝かせていたのだとか。

相馬勇紀の母親は160cmと女性の中では身長は高めになります。

相馬勇紀の母親もよく寝たそうで、それで身長が伸びたという自負があります。

なので自宅から徒歩4分の調布南高校への入学を相馬勇紀に勧めたのだとか。

また三菱養和SCユースの練習場まで約1時間、往復で2時間かかることもあり、高校は家から近いところにし、睡眠時間を確保しようとしたのでしょう。

ですが調布南高校へ入るのも簡単ではありませんでした。

受験ではなく推薦での入学を相馬勇紀は目指しましたが、サッカーに多くの時間を割き、塾に通う時間がなかったため、相馬勇紀の母親が、専属の家庭教師となってサポートしたそうです。

問題集を買ってくれて、自然に勉強をしなければいけない環境を相馬勇紀の母親は作ってくれたそう。

相馬勇紀が早稲田大学に入れたのは母親の手厚いサポートがあってこそだったのですね。

参考:相馬勇紀、「超過保護」な母との絆 時に疎ましく感じた少年時代 – スポーツナビ

まとめ

相馬勇紀の学部はスポーツ科学部で、大学は早稲田大学ということがわかりました

相馬勇紀は早稲田大学でプレーだけでなく考えること、そしてかけがえのない仲間に出会えていたのですね。

また相馬勇紀の人生において、母親が大きく関わっていることがわかりました。

これからも親子強い絆でやっていくことに間違いないでしょう!


タイトルとURLをコピーしました