高瀬隼子は結婚してる!夫(旦那)はどんな人か子供はいる?

高瀬隼子は結婚してる!夫(旦那)はどんな人か子供はいる? 芸能人・有名人
★★楽天マラソン開催! ショップ買いまわりでポイント10倍★★
▲8月11日1時59分まで▲
▷▶︎会場はコチラから◁◀︎
スポンサーリンク

芥川賞にノミネートされたことで、再び注目を浴びている高瀬隼子さん。

美人小説家とも呼ばれており、高瀬隼子さんが結婚しているのか気になっている方が多いようです。

高瀬隼子さんが結婚しているのであれば、夫(旦那)はどんな人なのか?

そして、子供はいるのかも気になるところですね。

家族などプライベートの情報がとても少ない高瀬隼子さんですが、過去の作品なども含め、小説や執筆経緯などについて話されていますので、そこから詳しく読み取って行こうと思います。

スポンサーリンク

高瀬隼子は結婚してる!

高瀬隼子さんは結婚しているのか調べました。

今回、芥川賞にノミネートされた事でさらに有名にはなりましたが、ご本人の口から家族についての発言はほとんどありません。

そんな中、小説「犬のかたちをしたもの」の執筆活動中にあったエピソードとして、夫の話を少しだけ話されていました。

エッセイの内容は、後ほど「夫(旦那)はどんな人?」で詳しく述べますが、ここで夫の活躍があってこその新人賞受賞だったことが分かる発言をされています。

このことから、高瀬隼子さんは結婚されていると言われています。

高瀬隼子さんの結婚の時期ですが、こちらに関しては情報がありませんでした。

しかし、すばる文学賞の新人賞を受賞されたのが、2019年ですから、その時点では既に高瀬隼子さんは結婚されていたのですね。

高瀬隼子さんは自身の結婚や家族については、ほとんど語られていないので、作品の執筆経緯や作品の説明を語っている部分から推測ないしは読み解く必要があります。

スポンサーリンク

高瀬隼子の夫(旦那)はどんな人?

高瀬隼子さんが結婚されていることは分かりましたね。

では、美人小説家とも言われている高瀬隼子さんの夫(旦那)はどんな人なのでしょうか?

小説「水溜まりで息をする」に出てくる主人公は、結婚して10年、共働きで子なし、30代半ばという設定です。

この当時、高瀬隼子さんは結婚してまだ10年も経っていないと思いますが、主人公の設定がとてもリアルなので、小説の中だけの話とは思えない感覚がしますね。

そして、「夫が風呂に入らなくなった。」という書き出し・・・

リアルな世界での高瀬隼子さんの夫はどうなのかとても気になってしまいます。

高瀬隼子さんは、実生活で不満に思うことやモヤモヤした事を小説の中に書き出していくようですので、主人公の設定はどこにでもいそうな人でとてもリアルです。

なので、「えっ?これは作者が実際体験したこと?」「実際にあったことなのか?」と読者は感じてしまいそうですね。

リアルな主人公からの斬新な展開に読者は毎回引き込まれていくのでしょう。

ますます、高瀬隼子さんの夫がどういう人なのか気になります!

情報が少ない中、唯一夫について語られていたエッセイがあり、そこで優しい夫のことが語られていました。

すばる文学賞に応募する作品が出来上がった際、原稿を綴じるために必要な黒いひもがなかったようです。

あちこちの店舗を探し回ったが、どこも売り切れだったようで、応募を諦めかけていたそう。

そこに、夫から、綴じが見つかったと連絡があり、無事、作品を応募出来たとのこと。

自転車であちこち探し回り、店頭で最後の一個だった綴じ紐を手に入れてくれたそうです。

ちなみに、ここに出てくる「綴じ紐」とはこういう物です。

誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

どこにでも売っていそうな綴じ紐ですが、新人賞の締め切り間近になると店頭から姿を消すのですね。

年に1回の新人賞に、毎年1500から2500もの作品が応募されるようです。

その中の一つに高瀬隼子さんの作品があったのですね。

綴じ紐を購入すべく、夫が自転車であちこち探し回ってくれたとのことですから、夫も妻である高瀬隼子さんの事を常日頃から応援されていたのでしょう。

新人賞の作品応募締切と言えば、3月末ですから、まだ肌寒い季節の中、自転車で走り回って必死に探してくれたことが分かります。

夫のサポートがなければ、応募出来ていなかった可能性もありますから最後の一つを手に入れる事が出来て、本当に良かったですね。

ここでは、夫に対しての感謝などは語られていませんが、新人賞を受賞した際には飛び上がるほど嬉しかったそうですから、夫に対しての感謝もひとしおだったことでしょう。

以前、自身の夫に対してではないですが、結婚する相手に対して、「好き、尊敬、面白い、気になる」のどれにも当てはまらない人とずっと一緒にいようと決断するなんて、私には恐ろしいと語られていたことがあります。

ということは、高瀬隼子さんは夫に対して、尊敬、面白い、気になる、そして好きな気持ちのどれか一つでも当てはまるものがあったのでしょうね。

また、高瀬隼子さんは、普段はフルタイムの事務職として働き、平日の夜や休日に執筆活動をしているそうです。

そんなハードな毎日を送る高瀬隼子さんのことを夫が支えてくれているのでしょう。

スポンサーリンク

高瀬隼子は子供がいる?

高瀬隼子さんは子供がいるのでしょうか?

高瀬隼子さんは結婚されていますが、子供の情報は何一つ見つかりませんでした。

ここからは、推測になりますが、「犬のかたちをしているもの」を執筆していた年に30歳になったそうです。

その当時、同世代の友人は、転職してキャリアアップしていたり、夜間大学に通っていたり、子供を産み育てていたりと、前に進んでいる友人たちを見て、焦りもあったようです。

このことから、30歳の時はまだ子供はいなかったのでしょう。

そして、デビューして3年が経つ現在も、フルタイムで働きながら、帰宅後から寝るまでの1、2時間と休日を執筆に充てているという、多忙な日々を送られていますので、子供はいないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

高瀬隼子さんは結婚されています

そして、夫(旦那)はどんな人かというと、肌寒い季節の中、自転車であちこち走り回り妻が必要としている物を見つけてくれたエピソードがありましたね。

その結果、新人賞を受賞されていますので、優しい夫(旦那)なのは、もちろんのこと、「作家 高瀬隼子」誕生に大きく関わった重要人物でもあります。

子供がいるのかは、全く情報がありませんでした。

ですが、ご本人の語ってきた内容から推測すると、子供はいないと思われます。

第165回に続き、今回も芥川賞にノミネートされたことで、知名度がさらに上がったのではないでしょうか。

芥川賞の結果が気になります!

そして、また新たな作品も楽しみですね。


タイトルとURLをコピーしました