tendre河原太朗の大学は洗足学園で学部はどこ?高校中学校小学校も調査

tendre河原太朗の大学は洗足学園で学部はどこ?高校中学校小学校も調査 芸能人・有名人
スポンサーリンク

ソロミュージシャンtendre(河原太朗)といえば心地よいネオポップなどオシャレな曲を展開する上に、マルチプレイヤーで色々な楽器に精通していますよね。

多種な楽器パートをこなすtendre(河原太朗)の大学は洗足学園という情報がありました。

洗足学園といえば関東の音大ですが、どこの学部なのでしょうか?

また、tendre(河原太朗)の大学だけでなく、どういう風に音楽に触れていったのか、高校や中学、小学校も調査して探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

tendre河原太朗の大学は洗足学園!

tendre(河原太朗)の大学は洗足学園という情報でした!

tendre(河原太朗)の大学と言われている洗足学園音楽大学といえば、神奈川県川崎市高津区にある私立の音大で、敷地内に附属の幼稚園から高校、短期大学まである学校です。

tendre(河原太朗)はその類いまれなる音楽センスで、POPともソウルとも言える曲をリリースする傍ら、多くのミュージシャンとコラボレーションしたり、楽曲提供も数多く行なっています。

tendre(河原太朗)が大学で音楽を専攻していたいうのも納得ですね。

tendre河原太朗の大学の学部はどこ?

tendre(河原太朗)の大学の学部はどこなのでしょうか?

tendre(河原太朗)の大学である洗足音大は単科大学で音楽学部音楽学科しかありませんが、コースは20近くあります。

その中でも、tendre(河原太朗)は音楽・音響デザインコースを卒業しているという情報がありました。

どういった勉強をするかというと、作編曲、録音、メディアコンテンツ制作といったものを専門的に学ぶようです。

コースの共通科目として、POPSからクラシック、ジャズ、果ては民族音楽やEMDまで学べるそうです。

講師もゲーム音楽の巨匠植松伸夫やオーケストラの渡辺俊幸や他にも豪華な顔ぶれが揃っていました。

tendre(河原太朗)は大学では主にDTMに触れていたということがわかりますが、確かに生演奏もするけれども録音やミックスもこだわりを持ってやっていますよね。

最近ではほろよいのCMソングで小沢健二feat.スチャダラバーの「今夜はブギー・バック」とtofubeats「水星」をマッシュアップした楽曲が話題になっていました。

その楽曲でtendre(河原太朗)と池田智子による「水星×今夜はブギー・バック」がとてもオシャレで話題になっていましたね。

スポンサーリンク

tendre河原太朗の高校時代の写真!

tendre(河原太朗)の高校時代の写真が公開されているらしいのです。

話題の一枚がこちらです。

結構様子が違いますね。

本人がビジュアル系とコメントしている通り、その長い髪はビジュアル系を彷彿させてしまいます。

ずっと洋楽ばかり聴いてきたtendre(河原太朗)は高校に入って初めて邦楽に触れたらしく、バンドも組んだそうです。

高校時代は横浜関内のライブハウスを使っていたそうなので、高校ももしかしたら横浜周辺なのではないでしょうか。

そして、同じ横浜出身のアジカンのコピーバンドなどもやっていたそうなので、高校の時の髪型はそのオマージュかもしれないですね。

高校のバンドでの楽器は父親の影響でベースをやったそうです。

驚きなのはtendre(河原太朗)の父親はプロのジャズベーシストで大物とも演奏経験があり、さらに飯田ジャズスクールの講師も勤めているんだとか。

tendre(河原太朗)は大学の時と違って高校時代は生演奏にどっぷり浸かっていたようで、バンドをやりながら吹奏楽部にも所属していたそうです。

スポンサーリンク

tendre河原太朗は中学時代に吹奏楽部だった!

tendre(河原太朗)は中学時代は吹奏楽部だったそうです。

1,2年生の時はトランペットをやって、3年の時はバリトンサックスに移動しているそうです。

パートを変えるというのは大変な作業だと思いますが、この頃から楽器の垣根を気にせずに出来るのはとても凄いことですよね。

先ほど情報で出ていた、高校の時の吹奏楽部でもアルトサックスを中心にバスクラリネットホルンなどもやっていて、いとも簡単にパート変更を行っていますよね。

普通パート替えは大変なことだと思いますが、これが今のマルチプレイヤーtendre(河原太朗)を作ったのではないでしょうか。

そういえば演奏する楽器によって性格が違ってくるという話は有名ですよね。

例えばギターは目立ちたがり屋でドラムは真面目で温厚な人、ベースは裏表がある、などの楽器別の性格診断があるのはよく言われています。

ではマルチプレイヤーの人の性格はどうなるのでしょうか。

その時演奏している楽器によって性格が切り替えられるとしたら、もしかしたらtendre(河原太朗)は演奏している楽器によって感情の切り替えができる人なのかもしれないですね。

スポンサーリンク

tendre河原太朗の小学生時代のエピソードは?

tendre(河原太朗)の小学校時代のエピソードはどういたものがあるのでしょうか。

先ほど父親がプロのジャズベーシストということは触れましたが、母親もシンガーだったらしく音楽一家に生まれたtendre(河原太朗)

母親とは小さい時から一緒に舞台に上がって歌うこともあったそうです。

なかなか普通の家庭では味わえない体験ですよね。

両親が音楽家だとtendre(河原太朗)の大学が音大だったというのも納得です。

きっと幼少の時から音楽に邁進していたのではないでしょうか。

調べてみると、5歳の時からピアノはやり始めていたそうです。

母親の知り合いのジャズピアニストに習って、ピアノを弾いていたらしいので、幼少期からすでに最高の音楽環境だったのだと思います。

そして、小学校3年生の時に母親にアコースティックギターを買ってもらったのが、本当の意味で楽器をやるきっかけだったと語っていました。

ジャズミュージシャンの両親がいるおかげでCDがたくさん家にはあったらしく、特に幼少期は黒人ミュージシャンの曲を多く聞いたそうです。

小学校の高学年になると、今まで家になかった白人ミュージシャンも聞いてみたりと、自分でも音楽を探し始めたようですね。

まとめ

調べれば調べるほど多彩な音楽経験が出てくるtendre(河原太朗)でした。

tendre(河原太朗)は小学生や中学生など幼い時から、音楽活動への礎をすでに作っていて、中学生の時に始めているサックスや、高校の時に始めたベースは、今もメジャーに演奏活動をしています。

そして、tendre(河原太朗)が大学で学んだことはソロミュージックでの、心地よい音色を生み出すための糧になっていると感じました。

これからも、素晴らしい演奏とtendre(河原太朗)の多彩さから生み出される音楽が楽しみですね。


タイトルとURLをコピーしました