常田大希の英語力はネイティブ並み?英語の曲や口コミは?

常田大希の英語力はネイティブ並み?英語の曲や口コミは? 芸能人・有名人

King Gnuのメンバーである、常田大希は英語を堪能しているのでしょうか?

常田大希の英語力はネイティブ並みにペラペラなのでしょうか?

現在29歳の常田大希は、日本の音楽界の最先端を走っていると言っても過言ではないと思われます。

その溢れる才能で創る音楽に、常田大希は英語を取り入れていますね。

常田大希の英語力について、どのくらいのレベルがあるのか気になるところです。

溢れる才能をお持ちの方なので、英語さえもネイティブに披露しそうな雰囲気は持っていそうですね。

今回は常田大希の英語力のレベルと、英語を取り入れた音楽についてをお調べしたいと思います。

そして常田大希の英語に対して、世間はどのような反応をしているのもみていきたいです。

スポンサーリンク

常田大希の英語のレベル

常田大希は英語で話しているシーンがないので、実際にネイティブに会話できるのかはわかりませんでした。

しかし東京藝術大学という、偏差値60の超難関な大学にストレートで入学しています。

秀才な頭脳をお持ちの方なので、英語さえもお手のものなのかと思います。

過去にオーケストラのツアーで海外に滞在している経験もあるため、常田大希の英語力は日常会話レベル以上ではあると判断します。

スポンサーリンク

常田大希の英語を取り入れた音楽

King Gnuの曲をプロデュースする常田大希は、英語を入れないモノを作ることが多いかと思います。

その中で、King Gnuの曲「Slumberland」の歌詞には英語が取り入れられています

常田大希が作詞作曲と、そしてボーカルを担当。

「Slumberland」は、治安の悪いセサミストリートと言われていますね。

MVを拝見しましたが、曲だけではなくパフォーマンスに関しても、一度見るとクセになる中毒性のような映像に魅了されます。

その中で常田大希が英語の部分を歌う際にandを「ン」と発音されていたり、ofを「ア」と発音していました。

とても自然に英語を使いこなし、歌っている印象でした。

このことからも常田大希は英語を熟知していると予想します。

もしかすると、日常会話レベル以上の英語力なのかもしれませんね。

歌詞については、韻を踏むことを意識されているようで、日本語の部分さえも英語に聴こえてしまいました。

常田大希が作る音楽は、もはや音楽を超えた芸術とも思えます。

そして常田大希のプロジェクト、millennium paradeのアルバム「THE MILLENNIUM PARADE」では、全文英語の歌詞を作曲されていました。

全文英語の作詞はさすがに担当されていませんでしたが、全文英語の作曲をできることから常田大希の溢れる才能に“rɪspékt”です!

スポンサーリンク

常田大希の英語に対して世間の反応

常田大希の英語を扱った曲は、世間ではどのような反応を受けているのでしょうか?

常田大希の英語に魅せられたのは、私だけではないはず。

やはり常田大希の英語を扱った曲に対しても、世間から愛されていると見受けられます。

多くのファンから天才や鬼才と言われ、その気持ちに裏切らない姿勢がほんとうにロックです!

今後も常田大希が創造する音楽に魅せられていきたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

常田大希の英語力については、海外に滞在していた経験があったり、英語を取り入れた曲を作ることや歌うことで日常会話レベル以上のものだと考えられます。

そして常田大希は英語を取り入れた曲や歌詞に、素晴らしく溢れる才能を感じられました。

世間からの反応も熱く、今や大注目のバンドかと思います。

そんな多彩の魅力を持つ常田大希ですが、彼の作る音楽の美しさから、儚く繊細な部分も感じられます。

日本だけではなく、世界で活躍するに等しい存在ですが、今後の活動を応援しつつ繊細な部分が壊れないよう見守れればと思います。

常田大希さんの作る音楽が、より多くの人に届けられますように!


タイトルとURLをコピーしました