角田裕毅の英語力がいい理由は?英語を使った経歴は?

角田祐毅の英語力はいい? スポーツ選手

7年ぶりの日本人F1ルーキードライバーとして、今話題の角田裕毅の英語力に驚かれた方もいるのではないでしょうか。

堂々とした英語力でインタビューを受ける彼がとても印象的だったのです。

もちろんドライバーとしてのパフォーマンスも目に引きましたが、同様に英語力のパフォーマンスも魅了されました。

今F1ドライバーは、英語力も必須条件と言われていますが、モータースポーツはチームで参加するものなので、コミニュケーションをとるのに英語は欠かせないとのこと。

英語力を身につければ、車のセッティングなどを細かいニュアンスでエンジニアに伝えらるので、走行のストレスも減るのではないかと考えます。

会話ができないとなると、インタビューや上司との無線でのやり取りさえも通訳を入れなければなりません。

ステップアップのためにも英語を習得しなければ、レース界では不利になってしまうみたいです。

ドライバーのテクニックだけでも想像を超える努力が必要かと思いますが、英語力までも身につけるなんてF1レーサーは大変な努力家ですね。

ドライバーによって習得する方法はさまざまかと思いますが、20歳という若さでネイティブ並みの英語力を放つ角田裕毅は、どう身につけたのでしょうか。

今回は角田裕毅の英語力がいい理由や英語を使った経歴について、その真相を明らかにしていきましょう。

スポンサーリンク

角田裕毅の英語力がいい理由は?

角田裕毅は、2000年に神奈川県相模原市で誕生し、幼稚園はLCA国際プリスクールに入園していて、2007年から2013年までLCA国際小学校に通っていたとのこと。

角田裕毅の英語力は、インターナショナルスクールで身近に触れながら幼少期から養われていたものでした。

人生のスタートから身につけていたものだったとは、見習いたくとも見習えない部分です。

小さい頃から英語を毎日の生活の中で聞いていれば、自然に身につくことができるみたいですね。

幼少期から立派な経歴で、ご両親はきっと教育熱心な方達と伺えます。

英語力のある角田裕毅の特技はもちろん英語で、日本英語検定は準2級を取得しており、TOEIC Bridgeは132点。

身長が小柄で160㎝ですが、F1ドライバーは重量や空気抵抗の関係で身長が低い方が有利と言われているそうです。

角田裕毅の英語力もさながら、F1選手になるために誕生したといっても過言ではないでしょうか。

父親がジムカーナ競技をしていた影響で、2005年4歳のときに中井インターサーキットにて、初めてカートに乗ったときから彼のサーキット人生が始まります。

4歳で、この世に誕生してたった4年で、自分の歩む道を見つけてしまうなんて目を洗われる思いです。

スポンサーリンク

角田裕毅の英語力の経歴

角田裕毅選手は日本大学第三中学校、和光高等学校を卒業しており、中学と高校の間は英語力よりドライバーとしての技術を習得していたと予想されます。

2019年にはモータースポーツの本拠地である、ヨーロッパへ活動の場を移すことになりましたが、英語圏での活動で戸惑うこともあったかとは思いますが、ここでの経験が角田裕毅の英語力をさらに高めたものとなったでしょう。

現にヨーロッパに移住して以降、角田裕毅の英語力は劇的に上達したと言われています。

日本語が通じない異国の地で英語力を高められたのも、幼少期に受けた英才教育が功を奏したのだと思います。

そして、2017年にF4選手権に参戦し、2018年にFIA F4でシリーズチャンピオンを獲得し、2019年からはレッドブル・ジュニアチームドライバーとなり、FIA F3に参戦。

2020年にF2にステップアップ。

F2選手権1年目でシリーズランキング3位を獲得します。

まさに、ドライバーならではの脅威のスピード感でF1階道を成し遂げています。

角田裕毅の英語力に圧巻すると同時に、彼の早く強い大きい成長に圧倒されるのです。

才能と技術を持ち合わせ、鍛えられたメンタルと養われた英語力で、このまま人生とともに走り続けていくのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

角田裕毅の英語力は、幼少期から養われていたものでした。

現在も学業との両立をされており、ハードなスケジュールをどう過ごしているのでしょうか。

F1選手になるための絵に書いたような経歴ですが、彼の苦労や努力は計り知れないです。

F1ドライバーデビューを、日本人最年少記録として更新し、角田裕毅選手の夢は、F1ワールドチャンピオンになることと語っています。

ぜひその夢を応援するとともに、今後の角田裕毅の英語力に魅せられていきたいと思います。

まだまだ若く角田裕毅の彼女の噂や、年収についてもたびたび取り上げられることもありますが、日の丸を掲げて、日本を、F1界をより盛り上げていってほしいです。


タイトルとURLをコピーしました