角田裕毅の両親は何者?教育方針は?

角田裕毅の両親は何者?教育方針は? スポーツ選手

2021年史上最少年でのF1デビューを飾った、角田裕毅の両親について気になる方もいると思います。

20歳という若さで日本人F1ルーキードライバーとして活躍している、角田裕毅の両親とは一体何者なのでしょう。

角田裕毅の輝かしい実績については、幼少期から続いていますが、数々の実績を築いてきた過程では、どのような支えや努力があったのでしょうか。

ストイックな精神を持ち脅威のスピードでF1ドライバーまで上り詰めた背景には、他ならぬ角田裕毅の両親の存在が大きく影響していると考えます。

もちろん本人の才能や実力と努力があってこその実績ということは承知の上ですが、今の名誉に立てているのは、それだけではなく、角田裕毅の両親の教育方針にも影響があるのではないでしょうか。

今回は、角田裕毅の両親は何者なのかや教育方針について、触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

角田裕毅の両親は何者?

角田裕毅の両親は、一体何者なのでしょうか。

角田裕毅の父親についてですが、JAF全日本ジムカーナ選手権でドライバーとして活躍されていたようで、ジムカーナだけでなく、スキーやマウンテンバイクなどの経験もあるようです。

現在経営されている保険代理店の研修を受けるため、スポーツ活動は中止されたとのこと。

角田裕毅の母親については、教育熱心な方らしいのですが、詳しい情報は出ていませんでした。

スポンサーリンク

角田裕毅の両親の教育方針は?

角田裕毅の両親は、ドライバーの才能を引き出すために、どのような教育をされてきたのでしょうか。

きっかけは4歳のときに、ジムカーナ経験のある父親の影響で、中井インターサーキットにて初めてのカートを体験します。

ドライバーの才能は父親から受け継いだものなのでしょう。

そんな角田裕毅の趣味に、スキーやロードサイクルが入っています。

きっと小さな頃から、父親を憧れて同じモノを好きになっていったんですね。

子供の頃から動くのが好きだった角田裕毅に両親は、水泳・サッカー・マウンテンバイク・ピアノ・ジムカーナとさまざまなことをやらせてくれたとのこと。

その中でドライバーとしての道を、ご自身で選んだのだと思います。

どの道を選んでも、角田裕毅の両親は好きなことの才能を伸ばしてあげようという気持ちが伝わりますね。

スポンサーリンク

まとめ

角田裕毅の両親は、幼少期からさまざまなことをチャレンジさせて、好奇心や才能を引き出す教育をされてきたことがわかりました。

当時は両親に感謝の気持ちを抱けなかったけど、いまとなっては真逆の感情がある。あのころ、厳しくされたり、叱られたり、いろんなことを教えてくれたおかげでいまの僕があるんだと思える。本当にすごく感謝している。

THE PLAYERS TRIBUNE

と、角田裕毅が両親についてインタビューで答えています。

角田裕毅の両親がしっかり定めた教育方針が、今のストイックな精神を創っている要因のひとつでもあると思いました。

角田裕毅の英語力も称賛されるほどのレベルで、世界でも活躍しており、今後も日本人ドライバーとしてF1界を盛り上げて、楽しませてくれるのでしょう。

角田裕毅選手のご活躍を心より応援しております。


タイトルとURLをコピーしました