鶴房汐恩は滋賀で水泳を始めていた?気になる鶴房汐恩の水泳歴は?

鶴房汐恩は滋賀で水泳を始めていた?気になる鶴房汐恩の水泳歴は? JO1

グローバル男性グループJO1メンバーの鶴房汐恩さんは滋賀で水泳をやっていました。

最近注目が集まっている鶴房汐恩さんですが、いつから水泳を始めてどのくらい泳げるのでしょうか?

鶴房汐恩さんと言えば、高身長の割にガタイが良いという話です。

鶴房汐恩さんのガタイの良さは、水泳と関係があるのでしょうか?

そして鶴房汐恩さんは滋賀で水泳を始めていますが、鶴房汐恩さんの地元は神戸のはずですよね。

気になる真相にも迫っていきます。

スポンサーリンク

鶴房汐恩は滋賀で水泳をスタート

鶴房汐恩さんは滋賀県で生まれ、中学1年生の時に兵庫県に移り住んでいます。

鶴房汐恩さんは9歳の時から水泳をしていたとが自身で明言しており、中学1年生の時に兵庫県へ引っ越しているので水泳を始めたのは、滋賀県で始めていたのですね。

鶴房汐恩が水泳を始めたきっかけは?

ここで気になってっくるのが鶴房汐恩さんが水泳を始めたきっかけですね。

探してみましたが、水泳を始めたきっかけらしきエピソードは見つかりませんでした。

9歳から始めているということは、小学3年生ですね。

小学校の友達から誘われたりしたのでしょうか?

気になってしまいますね。

スポンサーリンク

鶴房汐恩の水泳歴は?

鶴房汐恩さんは滋賀で水泳を何年やっていたのでしょう?

9歳の時から水泳を始めて、中学1年生の時まで滋賀県にいたので、約5年間滋賀県で水泳をやっていたことになりますね。

鶴房汐恩さんは9歳の時すでにニチレイチャレンジと言う全国で行われている大会で4級の実力を持っています。

水泳を始めたばかりの大会で4級になれてしまう鶴房汐恩さんすごいですよね。

ニチレイチャレンジとは(公益財団法人)日本水泳連盟株式会社ニチレイが主催する泳力検定です。

検定会では、種目、距離、タイムに応じて1〜5級が認定されるので、この時の鶴房汐恩さんは4級なので遅くはない結果でしょう。

そして鶴房汐恩さんは滋賀で水泳を始めていましたが、兵庫県に引っ越したあとの部活動は水泳部に所属していたそうです。

鶴房汐恩さんは学生時代の大会で背泳ぎの種目に出場し、見事優勝しております。

鶴房汐恩さんの実力は本物というのが分かりますよね。

なんと鶴房汐恩さんの水泳歴は10年だそうです。

9歳から水泳を始めていて10年なので、19歳まで水泳をやっていたんですね。

スカウトされて韓国に行っていた時も水泳をしていたなんてすごいですね。

スポンサーリンク

鶴房汐恩の魅力的な体型は水泳のおかげ?

鶴房汐恩さんは10年間水泳をしていた事もあってガタイがとても良いと話題になっています。

鶴房汐恩さんの身長は178センチと高めですが肩幅がしっかりとあり筋肉質な体つきをしています。

高身長の男性あるあると言って良いほど、高身長の男性は細身の男性が多いですよね?

ですが鶴房汐恩さんのこの魅力的な体つき、普通に生活をいているだけではここまで良い体にはなれ無いと思います。

やはり10年間水泳をやっていた経験が体に良い影響を与えていると思わせられますよね。

腹筋と腕立て伏せを30秒間で出来た回数を競う『高野 慧VS鶴房 汐恩 ガチンコマッスルバトル』という企画で鶴房汐恩さんは、高野慧さんに圧勝でした。

腹筋をやっても、腕立て伏せをやっても段違いで早かったです。

スポンサーリンク

鶴房汐恩のダンスの上手さにも水泳が関わっている

イケメンと話題の鶴房汐恩さんですが、ダンスにも定評があります。

高身長でガタイ良い鶴房汐恩さんのパフォーマンスはとても迫力がありますよね。

ダンストレーナーのA-NONさんが鶴房汐恩さんにした評価は「体感が強くて基礎体力がある見せ方を知っているが少し浅い」でした。

体感が強く基礎体力がある、これは水泳を10年間してきた経験がアイドルになって結果として証明されたという事では無いでしょうか?

続けてきて本当に良かったですよね。

今後も頑張ってもらいたいです。

まとめ

今回は鶴房汐恩さんが滋賀で水泳を始めていたという話にフォーカスを当てて書いていきました。

鶴房汐恩さんの10年間培った水泳経験のおかげであんなに魅力的な体型が出来上がったと思うと、10年間頑張ってくれてありがとうと思えますよね。

水泳でニチレイチャレンジの4級を取っていたり、学生時代は背泳ぎで優勝していたり鶴房汐恩さんは物凄く努力していたと思いますけど、かなりセンスのある男性だと感じます。

鶴房汐恩さんは中卒を選び、そこからアイドルになる選択をしましたが、水泳の経験も現在に活きてきているのでしょう。

そんな鶴房汐恩さんをこれからも応援していきましょう。

JO1メンバー記事はこちら


タイトルとURLをコピーしました