水の備蓄アイデア3選!一人暮らしから家族まで幅広く使えるアイデアまとめ

水の備蓄アイデア3選 豆知識

防災時のために、水は一番に確保しておくべきとよく言われていますよね。

最悪何があっても水だけあれば、生存率は上がりますので、水だけは絶対に備蓄をしておくようにしましょう。

と言われても、なかなか水の備蓄アイデアも湧かないかと思いますが、生活習慣の一つに取り入れることで、水の備蓄が常にできるようになります。

今回はそんな水の備蓄アイデアをまとめてみましたので、ご紹介する3つの方法のうち、取り入れられるものを生活に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

水の備蓄アイデア①水道水ポリタンク保存

一番お金がかからない水の備蓄アイデアとして、水道水をポリタンクに保存しておく方法があります。

こちらのメリットはポリタンクとわずかな水道代のみしかかからず、とても経済的ということです。

ポリタンクも以下のようなものだと、1200円程度で購入可能ですので、こちらの水の備蓄アイデアを採用したい方は、ポリタンクもチェックしてみてください。

デメリットは、数日に一度ポリタンクの水を入れ替えないといけないということと、衛生面で課題が残ることです。

水道水は3~7日程度はもちますが、それ以上の保存には適していませんので、入れ替える必要があります。

日々の習慣に、ポリタンクへの水道水備蓄を取り入れておき、洗濯や水やりに数日に一度ポリタンクの水を使って、また新しい水道水を入れる、など工夫をすることで、水の備蓄ができます。

また、ポリタンクの汚れや水道水を入れる時に雑菌が混入することによって、衛生的でなくなる可能性もあるので、飲み水として利用するのであれば、常に清潔な状態を保っておくように心がけてください。

特に子供がいる家庭などは、子供が飲むことを考えた場合に供えるようにしましょう。

スポンサーリンク

水の備蓄アイデア②ウォーターサーバー導入

水の備蓄アイデア②ウォーターサーバー導入

こちらの水の備蓄アイデアはありきたりなようで、合理的です。

というのも、ウォーターサーバーを家庭に導入しておくことで、お金はかかりますが、常に飲み水が何十リットルも確保できるからです。

メリットはいつでも飲み水があることと、定期的にボトルが届くので、あえて水の備蓄をしておかなくても、自動で備蓄できる体制になることです。

デメリットはランニングコストがかかることと、衛生面も少し気をつけないといけないことです。ウォーターサーバーと言えど、雑菌がわく可能性があるためです。

コスト面のデメリットに関しては、ウォーターサーバーサービスを見てみるとわかりますが、家計にもあまりダメージが少ないです。

500mlあたりの費用が75円程度で、サーバーレンタル代も無料なので、意外に安いと感じる方も多いのではないでしょうか。

水の備蓄アイデアとしてウォーターサーバーをおすすめする理由は、定期的に水が届くことで備蓄をあえてする必要がない、というところですので、サービスが気になる方は、初期費用が安いこのタイミングで導入する手もありですね。

スポンサーリンク

水の備蓄アイデア③ペットボトル定期購入

水の備蓄アイデア③ペットボトル定期購入

この水の備蓄アイデアも、ウォーターサーバーと原理は同じですが、ウォーターサーバーにはないメリットがあります。

それは、ペットボトルで使い切りなので、ウォーターサーバーよりも衛生的というところです。

メリットはウォーターサーバーと同じで、いつでも飲み水をストックしておくことができること、水の備蓄をしなくても自動的に備蓄状態になること、そして他の水の備蓄アイデアよりも衛生的であることです。

災害時は感染症など衛生面でも不安になる場面が多くなりますので、不安は一つでも解消できた方が良いですよね。

そのため、ペットボトルの定期購入が最も衛生的であり、理にかなった水の備蓄アイデアです。

デメリットはコストがかかることですが、コスト面に関しても、導入時からずっと割引のサービスもありますので、ウォーターサーバーとさほど変わらないコストで水の備蓄だけでなく、普段からの飲み水としても使えますね。

スポンサーリンク

まとめ

水の備蓄アイデアについて3つご紹介しました。

  • 水道水をタンクにためる
  • ウォーターサーバー導入
  • ペットボトルの定期購入

どれも一長一短はあります。

コストと衛生面、そして習慣化がポイントになりますが、ご自身や家族にとってより良い選択をし、実際に災害が起こった時のために備えるようにしてください。

水は人間にとってもっとも必要なものなので、食糧よりもまず、水の備蓄を優先させてくださいね。

もしもの時のために、しっかり備えておきましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました